14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京都金杯 > 第44回京都金杯

2006年京都金杯「第44回京都金杯」

2006/01/05 UP
by 予想屋マスター
回顧録

京都金杯 -G3- 京都競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

京都金杯は、3連単41万円台という大波乱の結果となった。京都金杯の結果は、超スローペースでもたらされたものであると競馬理論の結果では判断している。京都金杯はビッグプラネット(和田)が逃げ切った。

ビッグプラネットは、好スタートを決めると、戦前の予想通りハナを切った。すると、ビッグプラネットは、後続が競りかけてこないので、京都金杯で1000mを59.1秒という絶妙のペースで先行した。

そして、ビッグプラネットは、直線に入ると、ニューベリーに一旦交わされたが、ゴール前で差し返して、京都金杯を制した。競馬理論は、京都金杯でビッグプラネットの単騎逃げを想定しており、予想でもビッグプラネットを重視して予想していた。

ただし、京都金杯でビッグプラネットを本命にまで推し切れなかったことを後悔している。ビッグプラネットは、マイペースで逃げれば京都金杯のようなシブトサを発揮する。

しかし、ビッグプラネットの京都金杯の勝利は、明らかに展開に恵まれたものである。そのため、ビッグプラネットは、次走以降しばらくは後続からのマークがきつくなるので、京都金杯は押さえ程度の評価でよいと競馬理論の結果は判断している。

そのうち人気が落ちてきて単騎逃げが見込めるメンバーの時に、ビッグプラネットを重視した予想をしようと競馬理論の結果は考えている。

いつも述べるが、逃げ馬は人気が落ちたときが狙い目なのである。結果2着には、ニューベリー(柴原)が粘り込んだ。つまり、京都金杯は、ビッグプラネット及びニューベリーの行ったきりの競馬だったのである。

このことからも、京都金杯は、スローペースの展開的な競馬であったと断言できる。ニューベリーは、道中2番手を進み、直線ではビッグプラネットを一旦は交わして先頭に立った。

しかし、京都金杯は、ニューベリーは、ビッグプラネットに差し返されてしまい首差の結果2着に敗れた。京都金杯でニューベリーは、8歳馬にもかかわらず、2戦連続して好走した。しかし京都金杯では、ニューベリーの好走は、超スローペースの展開に恵まれてのものだということを忘れてはならない。

よって京都金杯は、よほどのスローペースの展開が見込まれるレースを除いて、ニューベリーが今後馬券の対象になることはないと競馬理論は判断している。

京都金杯で、結果3着には、アルビデオ(岩田)が追い込んだ。スローペースの前残りの展開にもかかわらず追い込んだアルビデオのレース内容は、非常に濃い。京都金杯で、このようなG3程度のメンバーであれば、アルビデオは、いつでも勝ち負けできることを立証した。

京都金杯でアルビデオは、現時点では一線級のメンバーとでは勝負にならないが、今後の結果は飛躍を期待したい。人気のディアデラノビア(武豊)は、結果5着に敗れた。

京都金杯でディアデラノビアは、4歳牝馬でトップクラスの能力の持ち主であるが、ここでは通用しなかった。去年の阪神牝馬ステークスでのラインクラフトの敗戦等のように、4歳牝馬は、ことごとく古馬との重賞戦線で敗れている。

今回のディアデラノビアも、同様に古馬の壁にぶちあたった。このことから、オープン級の4歳牝馬のレベルの低さが伺える。よって、オープン級のレースにおいて、今後は4歳牝馬を軽視すべきと競馬理論は判断した。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください