14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京都金杯 > 第43回京都金杯

2005年京都金杯「第43回京都金杯」

2005/01/05 UP
by 予想屋マスター
回顧録

京都金杯 -G3- 京都競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

今年の京都金杯の結果は、ハットトリック(武豊)を除き、冴えないメンバーが揃った。京都金杯の結果では、ハットトリックは、近走の内容から判断すると、54キロのハンデなら、勝って当たり前である。私も京都金杯の結果では、当然、ハットトリックを本命にした。しかし、ハットトリックは、スタートが悪い追い込み馬である。よって京都金杯の結果は、私の競馬理論では、断然人気のハットトリックの馬券を買ってはいけない。つまり、京都金杯の結果は、馬券を買うレースではない。結果として、ハットトリックは、勝利することができた。しかし、京都金杯の結果は、ハットトリックは、当たった時のリターンの割にリスクが大きすぎる。京都金杯の結果は、ハットトリックは今後も過剰人気になるようであれば、軽視してもよいと思う。京都金杯の結果は、2着は、アルビレオ(松永)であった。

京都金杯の結果は、アルビレオは、パッと見は格下馬だが、休み前に重賞でもソコソコの競馬をしているので、53キロのハンデなら当然通用する。また、京都金杯の結果は、アルビレオは、休み前に人気のキネティクス(池添)よりいい内容で走っている。問題は、オースミコスモ(安藤)、ダイワエルシエーロ(福永)、メイショウオスカル(藤田)及びアズマサンダース(四位)のG1級の牝馬4頭と、オープン級の牡馬との力関係である。レース前は、この力関係を判断することが困難であった。

京都金杯の結果は、一つ参考になるのは、阪神牝馬Sでこれら4頭の牝馬をヘヴンリーロマンスが負かしている。ヘヴンリーロマンスは、準オープン、阪神牝馬Sと連勝した。つまり、ヘヴンリーロマンスから考えると、これら牝馬4頭より、牡馬が上の可能性が高いと判断できた。

そして、京都金杯の結果を見ると、牝馬4頭は全滅してしまった。つまり、から、G1級の牝馬であれば、牡馬の準オープン級でも互角に戦えることが分かった。このように、競馬は、京都金杯の結果のレース結果に宝の山が眠っているのだ。競馬ファンは、レースの当たり外れに一喜一憂するだけでなく、京都金杯の結果のレース結果を冷静に振り返ることが重要である。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください