15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > 京都記念 > ハイレベルな4歳世代の戦いを制するのは?
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
京都記念 -G2- 京都競馬場/芝2200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

2021年京都記念 ハイレベルな4歳世代の戦いを制するのは?

今週のメインレースは、
第104回京都記念である。

第104回京都記念には、
レベルの高い4歳世代の有力馬だけでなく、
古馬からもオウケンブルースリが出走することもあり、
春の天皇賞を占う意味でも注目の一戦となる。

そこで、競馬理論の競馬予想は、
第104回京都記念に出走する有力各馬の能力を分析する。

暮れのグランプリ有馬記念組からは、
3着のトゥザグローリー(リスボリ)、
9着のダノンシャンティ(安藤勝)、
11着のオウケンブルースリ(内田博)及び
12着のメイショウベルーガ(池添)が
第104回京都記念に出走する。

トゥザグローリーの有馬記念の3着は、スローペースで絶好位となるインの3番手を追走する展開に恵まれたものであり、京都記念での着順どおりの絶対的な評価は禁物である。

しかしながら一方で、
有馬記念においてマイペースで逃げて
5着に敗れたトーセンジョーダンが
次走のアメリカジョッキークラブカップを
快勝していることを考慮すると、
展開に恵まれた3着といえども
京都記念でそれなりに高い評価を与える必要があるのも確かである。

更に、第104京都記念は先行馬不在なので、
トゥザグローリーがマイペースで先行して
展開に恵まれる可能性も高い。

よって、第104回京都記念、
別定の56キロの斤量を考慮すると、
トゥザグローリーに、絶対視は禁物だとしても
かなり高い評価を与えて当然

と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ダノンシャンティの有馬記念の9着は、
長期休養明け及びスローペースで
外が伸びない馬場で脚を余す不利が影響してのものであり、
京都記念で度外視可能である。

なお、ダノンシャンティは、毎日杯及びNHKマイルカップを楽勝した内容から、レベルの高い4歳世代でトップクラスの能力を秘めることは間違いない。

よって、第104回京都記念、
復調して本領さえ発揮できれば、
ダノンシャンティが楽勝してもおかしくない
と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、メイショウベルーガの有馬記念の12着は、スローペースで外が伸びない馬場で外を回らされる展開が影響したものであり京都記念で度外視可能である。

よって、第104回京都記念においても、
牡馬の一線級相手で差のない競馬をした
メイショウベルーガにそれなりの高い評価を与えるべきである。

ただし、メイショウベルーガは、
追い込み一手なので
先行馬不在の第104回京都記念では
脚を余す可能性も否定出来ない

よって、第104回京都記念、
レベルの高い4歳世代相手では
能力的に少し劣る上に展開も不向きな
メイショウベルーガには京都記念で押さえ程度の評価が妥当
と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、オウケンブルースリの有馬記念の13着は、
初めての先行する慣れない競馬でのものであり、
京都記念で参考外である。

また、オウケンブルースリは、能力さえ発揮できれば、一昨年のジャパンカップのようにウオッカに迫る能力を秘める。

よって、第104回京都記念、
本領さえ発揮できれば、
レベルの高い4歳馬が相手でも
オウケンブルースリが好走可能
と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、日経新春杯組では、
2着のヒルノダムール(藤田伸二)及び
ホワイトピルグリムが第104回京都記念に出走する。

ヒルノダムールの日経新春杯の2着は、ジャパンカップ馬ローズキングダムに不利があったとはいえ、先着を果たしている。

更に、ヒルノダムールは、
皐月賞でも2着に好走しており、
能力的にはレベルの高い4歳世代でも
トップクラスである。

よって、第104回京都記念、
好走続きのヒルノダムールが
悲願の重賞制覇を果たしてもおかしくない
と競馬理論の競馬予想では判断している。b

なお、ホワイトピルグリムは、
ヒルノダムールから大きく離された日経新春杯の内容から、
第104回京都記念で逆転する可能性は殆ど無い

一方、レベルの高い4歳世代の
菊花賞馬ビッグウィーク(川田)が
第104回京都記念に出走する。

ビッグウィークの菊花賞の勝利は、逃げ争いをした2頭から大きく離れた3番手というスローペースの単騎逃げと同じ状態で追走する展開に恵まれたものであり、着差ほどの強さはない。

よって、第104回京都記念、
菊花賞馬というだけで、
ビッグウィークを過信すべきでない

ただし、ビッグウィークは、
第104回京都記念においても
楽に先行できる可能性が高いので、
楽に先行する展開に再度恵まれて
粘り込む可能性も否定出来ない
と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組では、
シャドウゲイト(岩田康)、
ヒカルカザブエ(秋山)及び
プロヴィナージュ(佐藤哲)が
第104回京都記念に出走する。

ヒカルカザブエは、

アルゼンチン共和国杯で3着、
阪神大賞典で2着の実績が示すように、
能力的には大きな差はない。

また、シャドウゲイト及びプロヴィナージュは、
先行馬不在のこのメンバーで
うまく逃げを打つようであれば、
展開利を生かして好走してもおかしくない

しかしながら、シャドウゲイト、
ヒカルカザブエ及びプロヴィナージュにとっては、
レベルの高い4歳世代相手ということと
休み明けということを考慮すると、
押さえ程度の評価を与えれば十分
と競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、
第104回京都記念に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教及び
馬場状態などの様々な要素を加味して、
第104回京都記念の最終的な予想を決断する。

競馬理論の競馬予想のファンの方は、
第104回京都記念の最終的な予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>