14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京都牝馬ステークス > ショウリュウムーンが復活勝利
2011/01/30
予想屋マスター
回顧録

京都牝馬ステークス -G3- 京都競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系4歳以上牝馬 賞金:3500円

2011年京都牝馬ステークス ショウリュウムーンが復活勝利

第46回京都牝馬ステークスの結果は、
単勝10.7倍で5番人気の
ショウリュウムーンの快勝で幕を閉じた。

競馬理論では、アパパネを差し切った
チューリップ賞及びスローペースで
脚を余した桜花賞の内容から、
牝馬のマイル戦線ならば
トップクラスの能力を持つと判断して、
ショウリュウムーンを本命に予想した。

レースでは、ショウリュウムーンは、
中段よりやや後方のインで待機し、
直線に向くと、狭い馬群をこじ開けて
鋭い差し脚を披露して、
第46回京都牝馬ステークスの結果を制覇した。

ショウリュウムーンの第46回京都牝馬ステークスの結果の勝利は、53キロの斤量に恵まれたものでもあるが、アグネスワルツが控えた影響によるスローペースをまとめて差し切ったものであり、着差以上に強い京都牝馬ステークス内容であった。

よって、最大目標となるヴィクトリアマイルを含む
京都牝馬ステークス後の牝馬のマイル戦線、
ショウリュウムーンに常に高い評価を与えるべき
と競馬理論では判断している。

一方、第46回京都牝馬ステークスの結果では、
ヒカルアマランサス(リスボリ)が
2着に追い込んだ。

競馬理論は、ヴィクトリアマイルにおいて
展開に恵まれたとはいえブエナビスタと
差のない競馬をした実績を考慮して、
ヒカルアマランサスにも高い評価を与えていた。

レースでは、ヒカルアマランサスは、
スタートで出遅れてしまったこともあり、
後方からの競馬となった。

そして、ヒカルアマランサスは、
直線で大外に持ち出されると、
上がり33秒3の脚を使って、2着に追い込んだ。

ヒカルアマランサスの第46回京都牝馬ステークスの結果の2着は、スローペースを出遅れて追い込んだものであり、レース内容も悪くない。

よって、京都牝馬ステークス後の牝馬限定重賞戦線においても、
ヒカルアマランサスには高い評価を与えるべき
と競馬理論では判断している。

一方、第46回京都牝馬ステークスの結果では
サングレアズール(藤岡佑)が3着に、
レディアルバローザ(福永祐一)が4着に入った。

サングレアズール及びレディアルバローザの好走は、スローペースでコースロスのない競馬をさせた藤岡騎手及び福永騎手の好騎乗に恵まれたものであり、京都牝馬ステークスのレース内容としては着順ほどの価値はない。

よって、京都牝馬ステークス後の重賞戦線、
第46回京都牝馬ステークスの結果の好走だけで、
サングレアズール及びレディアルバローザが
人気になるのであれば、評価を下げるべき
と競馬理論では判断している。

以上のように、第46回京都牝馬ステークスの結果は、
スローペースを差し切ったショウリュウムーンの
強さだけが目立つ一戦となった。

よって、競馬理論のファンの方は、
3冠牝馬アパパネを差し切った実績を持つ
ショウリュウムーンの京都牝馬ステークス後の走りに
大いに注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>