14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京都大賞典 > 第41回京都大賞典

2006年京都大賞典「第41回京都大賞典」

2006/10/08 UP
by 予想屋マスター
回顧録

京都大賞典 -G2- 京都競馬場/芝外2400m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:6000万円

競馬理論は、第41回京都大賞典を見事的中しました。

競馬理論のファンたくさんの皆さんから、お礼を頂きました。京都大賞典の結果は、結果1着スイープトウショウ、結果2着ファストタテヤマ、結果3着トウショウナイトである。京都大賞典の配当は、馬連8番?9番4770円、馬単9番?8番7450円、3連単9番?8番?7番49450円である。

京都大賞典を制したのは、競馬理論の自信の本命馬であったスイープトウショウ(池添謙一)であった。

京都大賞典はスイープトウショウは、休み明けではあったが、G1で3勝の実績からこのメンバーでは負けられないと競馬理論では判断していた。京都大賞典のレースでは、スイープトウショウは、超スローペースを後方のインから追走し、直線でもインを突くと、上がり32.8秒の脚で差し切った。

この切れ味は牡馬との一線級とでも通用する脚であり、スイープトウショウが、次走の天皇賞でも好走する可能性は高いと競馬理論では判断している。

競馬理論は、スイープトウショウを天皇賞でも重視して予想すべきと現時点では考えている。結果2着には、ファストタテヤマ(武幸四郎)が追い込んだ。ファストタテヤマは、道中で最後方を追走し、3コーナから大外を回って追い上げ、直線に向くと大外から結果2着に追い込んだ。

京都大賞典でファストタテヤマも、上がり32.8秒という、スイープトウショウと同じ脚で追い込んだ。ファストタテヤマは、人気にはならないが、長距離戦なら安定して走る。

よって、京都大賞典長距離ではいつも人気にならないファストタテヤマに高い評価を与えるべきと競馬理論は判断している。結果3着には、トウショウナイト(武士沢)が3番手から粘り込んだ。

京都大賞典でトウショウナイトは、楽勝した前走あたりから復調気配を見せており、天皇賞は結果4着の実績から復調すればこの程度走って当然ともいえる。但し、京都大賞典は、スローなペースに恵まれての好走と判断できる。

よって、競馬理論は、京都大賞典でトウショウナイトを対戦メンバー次第で評価すべきと判断している。京都大賞典は、人気となった4歳馬インティライミ(幸)及びローゼンクロイツ(小牧)は、惨敗に終わった。

前にも述べたが、4歳馬世代は、ディープインパクトを除くとレベルが低かった。今回の京都大賞典でも、4歳世代のレベルの低さを露呈した。

今後も、京都大賞典で4歳馬が重賞の京都大賞典レースで人気となった場合には、軽視して予想すべきと競馬理論では判断している。

京都大賞典では、スイープトウショウの能力の高さだけが目に付いた。競馬理論は、京都大賞典後もスイープトウショウに注目していきたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください