14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 神戸新聞杯 > 日本ダービー馬ディープスカイがいよいよ登場
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
神戸新聞杯 -G2- 阪神競馬場/芝外2400m 右
条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬 賞金:5200万円

2012年神戸新聞杯 日本ダービー馬ディープスカイがいよいよ登場

今週は、菊花賞トライアルの第56回神戸新聞杯が阪神競馬場で行われる。第56回神戸新聞杯は、NHKマイルカップ及び日本ダービーを制して変則2冠を達成したディープスカイ(四位)だけでなく、日本ダービー2着のスマイルジャック(小牧)及び3着のブラックシェル(武豊)も出走することもあり、本番の菊花賞へむけて大注目の一戦となる。

第56回神戸新聞杯は、日本ダービー組からは、1着のディープスカイ、2着のスマイルジャック、3着のブラックシェル、8着のフローテーション(藤岡)、9着のベンチャーナイン(武士沢)、10着のアグネススターチ(赤木)、16着のモンテクリスエス(川田)及び17着のメイショウクオリア(角田)が出走する。

第56回神戸新聞杯は、ディープスカイは、NHKマイルカップで1馬身3/4差、日本ダービーで1馬身半差をつけて快勝しており、実績的にも能力的にも断然である。特に、ディープスカイの日本ダービーの勝利は、上がり34秒2と他馬を大きく上回る脚を使ってのものであり、ディープスカイが現3歳世代の最強馬ということだけは間違いない。 よって、第56回神戸新聞杯、休み明けといえども、ディープスカイが圧勝する可能性が高いと競馬理論では判断している。

一方、第56回神戸新聞杯は、スマイルジャックは、日本ダービーで12番人気ながらも2着に好走し、秋シーズンでディープスカイとの逆転を狙う。しかしながら、スマイルジャックの日本ダービーの2着は、雨が止むとイン有利となる東京競馬場で離れた3番手を追走する絶好の展開に恵まれたものであり、内容的な価値は低い。 よって、第56回神戸新聞杯、日本ダービーの2着だけで人気になるスマイルジャックにあまり高い評価を与えるべきではないと競馬理論では判断している。

一方、第56回神戸新聞杯で、ブラックシェルは、春のクラシックで善戦を繰り返しながらも、勝ち切れない競馬が続いた。ただし、ブラックシェルの日本ダービーの3着は、1コーナーで受けた不利が大きく応えてのものであって、不利さえなければ2着はあっただろう。 しかしながら、日本ダービーにおけるディープスカイとブラックシェルとの上がりの脚があまりに違ったので、例え不利がなかったとしても、ブラックシェルがディープスカイを逆転するまではいかなかっただろう。よって、第56回神戸新聞杯におけるブラックシェルの評価は、スマイルジャックより上でディープスカイより下というのが妥当と競馬理論では判断している。

一方、第56回神戸新聞杯で、フローテーション及びベンチャーナインは、雨の影響で外が伸びない馬場で行われた日本ダービーで大外を回って敗れたものであって、着順ほど悲観すべき内容ではない。 よって、第56回神戸新聞杯が前潰れの展開になれば、フローテーション及びベンチャーナインが激走可能と競馬理論では判断している。

一方、モンテクリスエス及びメイショウクオリアは、日本ダービーであまりにも負けすぎなので、第56回神戸新聞杯で通用する可能性は低い。

別路線組では、アインラクス(福永祐一)、オウケンブルースリ(内田博)、ナムラクレセント(和田)及びヤマニンキングリー(柴山)に注目している。アインラクスは、若駒ステークスを制して3番人気で臨んだ弥生賞で7着に敗れてしまったが、超スローペースで前残りの展開で脚を余した敗戦であって、ブラックシェルと大きな差があるレース内容ではなかった。 よって、第56回神戸新聞杯で極端に人気にならないようであれば、穴馬としてアインラクスを狙うべきと競馬理論では判断している。

一方、第56回神戸新聞杯がオウケンブルースリは、前走の1000万下特別でデストラメンテ及びダイワワイルドボアを寄せ付けずに圧勝しており、そのデストラメンテが次走で1000万下を圧勝し、ダイワワイルドボアがセントライト記念を制覇したことを考慮すると、重賞でも通用する素質を秘める。 第56回神戸新聞杯におけるオウケンブルースリの課題は、急激なメンバー強化だが、ダイワワイルドボアがセントライト記念でダービー上位組を破っていることから、ディープスカイ以外とならば大きな差はないと競馬理論では判断している。

一方、第56回神戸新聞杯がナムラクレセントは、2連勝と絶好調で第56回神戸新聞杯に臨む。特に、ナムラクレセントは、前走の1000万下特別において、ラジオNIKKEI賞で差のない4着に好走したスマートギアを破っており、メンバー比較では重賞でも通用する。 しかしながら、第56回神戸新聞杯はラジオNIKKEI賞と比べるとかなりメンバーが強いので、ナムラクレセントには抑え程度の評価を与えれば十分と競馬理論では判断している。

一方、ヤマニンキングリーは、日本ダービーへの出走こそ叶わなかったが、きさらぎ賞において、日本ダービー5着のレインボーペガサス、2着のスマイルジャックと差のない競馬をし、日本ダービー3着のブラックシェルには先着を果たしており、一線級相手でも通用する能力を示した。 よって、第56回神戸新聞杯、ヤマニンキングリーがディープスカイの2着争いに加わる可能性は高いと競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第56回神戸新聞杯に出走する各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第56回神戸新聞杯の最終的な予想を決断する。競馬理論のファンの方は、第56回神戸新聞杯の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>