15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > 神戸新聞杯 > 第54回神戸新聞杯
2006/09/24
予想屋マスター
回顧録

神戸新聞杯 -G2- 阪神競馬場/芝外2400m 右
条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬 賞金:5200万円

2021年神戸新聞杯 第54回神戸新聞杯

第54回神戸新聞杯の結果では、2冠馬のメイショウサムソン(石橋)が2着に敗れた。2冠馬メイショウサムソンを差し切ったのは、ドリームパスポート(高田)である。

第54回神戸新聞杯の結果は、ドリームパスポートは、道中では、メイショウサムソンの直後の中段を進んだ。そして、第54回神戸新聞杯の結果は、ドリームパスポートは、直線では大外に持ち出されると、残り200mから猛烈に追い込み、早めに先頭に立ったメイショウサムソンをクビ差だけ差し切った。

競馬理論は、第54回神戸新聞杯の結果のレース前のブログでも述べたが、秋のG1戦線ではドリームパスポートに最も注目していた。第54回神戸新聞杯の結果は、ドリームパスポートは、外が伸びない馬場で行われたダービーで、唯一大外から3着に好走しており、内容的にはメイショウサムソンを上回っていた。

よって、第54回神戸新聞杯の結果は、ドリームパスポートの神戸新聞杯の結果の勝利は、実力以外何物でもない。ドリームパスポートは、折り合いがつく馬なので、本番の菊花賞でも好走する可能性が極めて高いと判断している。

つまり第54回神戸新聞杯の結果は、競馬理論は、現時点においてドリームパスポートが菊花賞馬の最有力候補と判断している。2着は、2冠馬メイショウサムソン(石橋)である。第54回神戸新聞杯の結果は、メイショウサムソンは、好スタートから、先行集団のインを進んだ。

そして、第54回神戸新聞杯の結果は、メイショウサムソンは、3コーナあたりから徐々に外を回って進出し、4コーナでは早めに先頭に立った。すると、メイショウサムソンは、インからフサイチリシャール(福永祐一)に一旦差されたが、底力を見せてフサイチリシャールを再度差し返した。

そして、第54回神戸新聞杯の結果は、メイショウサムソンは、そのまま先頭ゴールインかと思われたが、大外から一気にドリームパスポートに出し抜けで交わされてしまった。

第54回神戸新聞杯の結果は、メイショウサムソンは、ドリームパスポートに敗れはしたが、自ら勝ちにいっての敗戦であり、内容的には2冠馬の能力の高さを見せつけた。特に、第54回神戸新聞杯の結果は、メイショウサムソンが、一旦差されたフサイチリシャールを再度差し返した内容は、さすがといえる。

メイショウサムソンは、本番の菊花賞でも有力候補の一頭であることは間違いないと競馬理論では判断している。3着には、ソングオブウインド(武幸四郎)が2番手から粘り込んだ。ソングオブウインドは、大方の予想に反して2番手からレースを進めた。

そして、ソングオブウインドは、メイショウサムソン及びフサイチリシャールに早めに交わされたが、最後にはフサイチリシャールを差し返して、3着に粘り込んだ。

ソングオブウインドは、底を見せておらず、今度の成長次第では楽しみな存在である。但し、ソングオブウインドが、菊花賞の時点でメイショウサムソン及びドリームパスポートを逆転することは難しいだろう。

人気のアドマイヤメインは、逃げない競馬で自分の持ち味を発揮できなかった。競馬理論は、小回りの中京だと自分の競馬が出来ない可能性を考え、アドマイヤメインを押さえ評価にとどめた。

結果として、アドマイヤメインは、7着に惨敗してしまった。しかし、アドマイヤメインは、菊花賞では逃げる競馬をして持ち味を発揮するであろう。

それを考えると、競馬理論は、アドマイヤメインを今回の敗戦だけで菊花賞で軽視すべきでないと判断している。以上のように、神戸新聞杯の結果では、メイショウサムソン及びドリームパスポートが実力どおりの好勝負を見せた。

この2頭は、菊花賞でも有力候補になると競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>