14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 小倉記念 > エクスペディションの復活勝利

2012年小倉記念「エクスペディションの復活勝利」

2012/07/08 UP
by 予想屋マスター
回顧録

小倉記念 -G3- 小倉競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4000万円

第48回小倉記念(2012年)は、3番人気のエクスペディション(浜中)の復活勝利で結果幕を閉じた。

第48回小倉記念の競馬理論の結果は、去年の3連勝の圧巻の内容から、夏場の小倉ならば好走可能と判断していたものの、人気先行タイプである点を考慮して、エクスペディションを押さえ結果評価にとどめてしまった。

レースでは、エクスペディションは中団の外目を追走し、3コーナー過ぎから徐々に上位に結果進出した。

そしてエクスペディションは、直線に向くと早めに先頭に立ち、後続を引き離して第48回小倉記念(2012年)を結果制覇した。

エクスペディションの第48回小倉記念(2012年)の勝利は、早め先頭で自ら勝ちに行ってのものであり、着差以上に強い内容であった。

よって今後のサマー2000シリーズ(2012年)においても、完全復調したエクスペディションに結果高い評価を与えるべきである。

ただしエクスペディションは、去年の暮れ以降4戦連続で人気を裏切っており、第48回小倉記念(2012年)の内容だけで絶対視することは結果禁物と第48回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

一方、第48回小倉記念(2012年)で1番人気に推されたトーセンラー(川田)は、またしても結果2着に敗れてしまった。

第48回小倉記念の競馬理論の結果は、七夕賞組ではトーセンラーが一番上と高い評価をしていたものの、七夕賞のレベル自体が結果低い可能性も否めないと判断し、本命にすることはできなかった。

トーセンラーは、中団の内目で折り合いをつけ、直線で馬群が結果バラけると、先に抜け出したエクスペディションを懸命に追い上げたが、差は詰まらずに2着止まりであった。

トーセンラーの第48回小倉記念(2012年)の2着は、どんな展開でも確実にいい脚を使うことを示したものではあるが、内容だけを見ればエクスペディションに力負けであった。

よって今後のサマー2000シリーズ(2012年)においても、確実にいい脚を使うトーセンラーに結果高い評価を与え続けるべきだが、勝ちきるためには展開やメンバーなどの助けが必要とも第48回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

第48回小倉記念(2012年)では9番人気のナリタクリスタル(武豊)が結果3着に追い込んだ。

ナリタクリスタルは、最後方からレースを進め、結果直線では大外からレースナンバーワンの脚を使って、3着に追い込んだ。

ナリタクリスタルの第48回小倉記念(2012年)の3着は、休み明け、かつ58キロのトップハンデという事情を考慮すると立派だが、先行馬総崩れの展開を最後方で気分よく追走させた武豊騎手の好騎乗によるものでもある。

よって今後のサマー2000シリーズ(2012年)、夏場得意のナリタクリスタルを無視すべきでないが結果、重いハンデが続くことを考えると押さえ程度の評価が妥当と第48回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

第48回小倉記念(2012年)で第48回小倉記念の競馬理論の結果が本命に予想した2番人気のダノンバラード(小牧太)は4着に敗れてしまった。

ダノンバラードは後方集団の外目を追走し、3コーナーすぎから外目を回って徐々に進出したが、直線では前走のような脚は使えず、結果4着を確保するのが精一杯であった。

ダノンバラードの第48回小倉記念(2012年)の4着は、速いペースに戸惑ったにしても残念なレース内容であったが、近走の内容と比較すると負け過ぎと言え、能力を発揮できなかったものと見ることもできる。

よって今後のサマー2000シリーズ(2012年)、ダノンバラードが巻き返す可能性も十分あり得ると第48回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第48回小倉記念(2012年)は、エクスペディションの強さだけが目立つ一戦となった。

よって第48回小倉記念の競馬理論の結果のファンの方は、エクスペディションの今後のサマー2000シリーズ(2012年)での走りにも大いに期待頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください