14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 小倉記念 > ミヤビランベリは重賞連覇を果たせるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
小倉記念 -G3- 小倉競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4000万円

2012年小倉記念 ミヤビランベリは重賞連覇を果たせるか?

今週のメインレースは、サマー2000シリーズ第3戦の第44回小倉記念である。
第44回小倉記念は、確たる中心馬不在のハンデ戦ということもあり、大混戦が予想される。

その第44回小倉記念には、サマー2000シリーズ第1戦の七夕賞から、1着のミヤビランベリ(岩田)、5着のヴィータローザ(小牧太)、10着のダブルティンパニー及び14着のナリタプレリュードが出走する。
七夕賞は、追い込み型のカネトシツヨシオーが人気になったことで、有力馬が後方から競馬を進め、先行馬に有利な展開となっていた。
その先行馬有利の流れを逃げ切ったミヤビランベリの七夕賞の勝利は、展開及び53キロの軽ハンデに恵まれたものであり、レース内容的な価値は高くない。
その上、七夕賞で休み明けにもかかわらず2着に好走したミストラルクルーズが、次走の函館記念で8着に敗れていることから、七夕賞のレベルの低さも伺える。
更に、七夕賞の勝利によって、第44回小倉記念ではミヤビランベリのマークがきつくなる可能性が高い。
ミヤビランベリは、前々走の準オープン特別の関ヶ原ステークスで惨敗しているように、第44回小倉記念でも七夕賞のようにマイペースの競馬ができなければ、惨敗する可能性が高い。
これらのことから、七夕賞の勝利だけで人気となり、55キロの斤量を背負うミヤビランベリを危険な人気馬として競馬理論では判断している。

一方、ヴィータローザは、七夕賞において、休み明けで56キロの斤量を背負いながらも、ミヤビランベリから2馬身差の5着に好走しており、叩き2走目で斤量差が少なくなる第44回小倉記念、ミヤビランベリを逆転する可能性は高い。
よって、第44回小倉記念、ミヤビランベリよりもヴィータローザに高い評価を与えるべきである。
しかしながら、ヴィータローザの七夕賞の好走は、先行馬に有利な前残りの展開及びかなり弱いメンバー構成に恵まれたものと見ることもできる。
よって、夏場に実績があるというだけで過剰に人気になるようであれば、ヴィータローザを過大評価すべきでないと競馬理論では判断している。

一方、10着のダブルティンパニー及び14着のナリタプレリュードは、七夕賞で負け過ぎなので、第44回小倉記念で通用する可能性は低い。

第44回小倉記念では、ドリームジャーニーも人気になりそうである。
ドリームジャーニーは、朝日杯フューチュリティステークスでG1、神戸新聞杯でG2を制しており、第44回小倉記念に出走するメンバーでは実績的に断然である。
特に、第44回小倉記念と同じ距離で行われた神戸新聞杯、ドリームジャーニーは、菊花賞馬アサクサキングスを差し切っており、実績だけではなく、能力的にも断然である。
ドリームジャーニーにとっての課題は、今年に入っての成績不振と57キロの斤量であるが、マイラーズカップ及び安田記念の敗戦は、追い込み馬にとって不利な馬場と展開が影響したものであり、悲観すべき内容ではない。
また、57キロの斤量も実績を考えれば恵まれたと見ることもできる。
よって、第44回小倉記念において、ドリームジャーニーを重視して予想すべきと競馬理論では判断している。
但し、ドリームジャーニーが追い込み脚質であることには違いないので、過剰に人気になりすぎるようだとマークがきつくなり、先行馬が有利な流れになってしまう。
そうなった場合には、ドリームジャーニーが脚を余す可能性があることを頭に入れて予想すべきである。

一方、小倉の準オープン特別の博多ステークスからは、1着のダイシングロウ(川田)、グロリアスウィーク(幸)、4着のトウカイルナ(川島)及びブリトマルティスが出走する。
この中では、1分45秒1の好時計で圧勝したダイシングロウ及び58キロの斤量にもかかわらず2着を確保したグロリアスウィークのみに注目すればいいだろう。
問題は、ダイシングロウ及びグロリアスウィークが第44回小倉記念のメンバーでも通用するか否かであるが、準オープン戦で惨敗した後に七夕賞を制したミヤビランベリ程度が人気になることを考慮すると、通用する可能性は高いだろう。
よって、実績的には劣るダイシングロウ及びグロリアスウィークにもそれ相応の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

他に注目されるのは、1000万下特別の九州スポーツ杯を圧勝したカネトシリベルテであるが、やや重と良の馬場の違いがあるにせよ、九州スポーツ杯の時計は、次の日の博多ステークスよりも3秒以上劣る。
よって、カネトシリベルテには抑え程度の評価を与えれば十分と競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第44回小倉記念に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、調教及び展開などの様々な要素を加味して、最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第44回小倉記念の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>