14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 小倉記念 > 第43回小倉記念
2007/07/29
予想屋マスター
回顧録

小倉記念 -G3- 小倉競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4000万円

2007年小倉記念 第43回小倉記念

第43回小倉記念は、5番人気のサンレイジャスパー(佐藤哲三)及び7番人気のニホンピロキース(赤木)で結果するという波乱の結果となった。

第43回小倉記念の競馬理論の結果は、第12回マーメイドステークスのデータベース及び第43回小倉記念の展望でも述べたように、いつ重賞を制覇してもおかしくはない能力を秘めていると判断していたサンレイジャスパーにレース前から高い評価を与えていた。レースでは、サンレイジャスパーは、結果道中、中段7~8番手の馬群の中を進み、直線で外に持ち出されると、抜群の切れ味を発揮して、先行して粘り込む3頭をまとめて差し切った。サンレイジャスパーの第43回小倉記念の勝利は、53キロの軽ハンデに恵まれたことは確かだが、2着から4着が先行した3頭という先行馬有利の流れを差し切ってのものであり、高い評価を与える必要がある。よって、第43回小倉記念の競馬理論の結果は、強い内容で第43回小倉記念を制したサンレイジャスパーに、次走でも高い評価を与えるべきと判断している。

第43回小倉記念の2着には、第43回小倉記念の競馬理論の結果が穴馬として推奨したニホンピロキースが粘り込んだ。ニホンピロキースは、好スタートを切ったが、ニルヴァーナ(幸)及びアラタマサモンズ(芹沢)にハナを譲り、結果3番手から競馬を進めた。そして、ニホンピロキースは、直線で先行した2頭の外に持ち出されると、早めに抜け出したが、サンレイジャスパーの切れ味に屈してしまい、結果2着に敗れてしまった。ニホンピロキースの第43回小倉記念の2着は、54キロの軽ハンデと先行有利の流れに恵まれたものであり、内容的な価値は高くはない。しかしながら、ニホンピロキースは、最近のような先行する競馬を今後も繰り返していれば、第43回小倉記念のように展開に恵まれるレースが今後も巡ってくる。よって、第43回小倉記念の競馬理論の結果は、先行馬が少ないレースでは、ニホンピロキースに今後も高い評価を与える予定である。

第43回小倉記念の3着と4着には、結果逃げ争いを演じたアラタマサモンズとニルヴァーナが粘り込んだ。アラタマサモンズ及びニルヴァーナは、並びが決まると淡々としたペースでレースを進めて、結果3コーナー辺りからペースアップして粘り込みを狙ったが、3~4着に敗れてしまった。アラタマサモンズ及びニルヴァーナの第43回小倉記念は、ニホンピロキース以上に、軽ハンデと先行有利の流れに恵まれたものであり、着順以上の評価は禁物である。よって、第43回小倉記念の競馬理論の結果は、アラタマサモンズ及びニルヴァーナに、次走以降において高い評価を与えるべきではないと判断している。ただし、アラタマサモンズ及びニルヴァーナの2頭は、結果まだ準オープン戦に出走できる身なので、準オープン戦に出走するようであれば、それなりの評価を与えなければならないだろう。

第43回小倉記念で人気のスウィフトカレントは、見せ場なく結果7着に敗れた。スウィフトカレントの第43回小倉記念での敗戦は、58キロのハンデというよりも、折り合いを欠いてしまいまったく競馬にならなかったことに尽きる。よって、第43回小倉記念の競馬理論の結果は、スウィフトカレントの第43回小倉記念での敗戦を度外視して、今後のレースにおいて、スウィフトカレントを評価しようと考えている。特に、先行馬が揃ってペースが上がるようなレースでは、秋の天皇賞2着の追い込み脚を備えるスウィフトカレントに高い評価を与えなければならないと第43回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第43回小倉記念は、5番人気、7番人気、10番人気が上位を独占するという波乱の結果となった。この第43回小倉記念の波乱の最大の要因は、スローペースの展開である。よって、第43回小倉記念で先行して好走した馬には次走以降で高い評価を与えてはならない。逆に、第43回小倉記念で追い込みが不発に終わった馬は第43回小倉記念での凡走だけで簡単に評価を下げてはならない。このように、レースでの着順を単純に比較するだけではなく、レース内容を比較することによって、第43回小倉記念の競馬理論の結果は、穴馬券をも狙うことができるのである。第43回小倉記念の競馬理論の結果のファンの方は、今後も第43回小倉記念の競馬理論の結果の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>