14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 小倉記念 > 第41回小倉記念
2005/08/14
予想屋マスター
回顧録

小倉記念 -G3- 小倉競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4000万円

2005年小倉記念 第41回小倉記念

小倉記念の結果は、ローカルのG3らしい低調なメンバーが揃っていた。その中、メイショウカイドウ(武豊)の強さだけが目立った。競馬理論は、メイショウカイドウの小倉での結果、強さを認めてはいたが、58.5キロの斥量が気になり、結果3番手評価とした。そこで、競馬理論は、今が絶好調のワンモアチャッター(福永祐一)を本命とした。小倉記念の結果は結果として、メイショウカイドウが、58.5キロの斥量で楽勝した。

メイショウカイドウは結果、前走の北九州近では先行して抜け出した。そして、今回の小倉記念の結果では12番手から差しきった。つまり、メイショウカイドウは、得意の小倉競馬場では結果、どんな競馬をしても能力を発揮する。

しかし、メイショウカイドウは、弱いメンバーに恵まれたのも確かである。よって結果、メイショウカイドウは、ローカルの重賞程度では通用するが、一線級との対戦では厳しいと競馬理論の結果では判断している。2着はワンモアチャッターであった。

ワンモアチャッターは結果、1000万勝ちの後の重賞挑戦であったが、今の充実っぷりを証明するように、2着を確保した。しかし、ワンモアチャッターは、メイショウカイドウに対して完敗といえる内容であった。

これを考えると、ワンモアチャッターも、ローカルの重賞では通用するが、一線級とは能力差があると競馬理論では判断している。

また、小倉記念の結果の3着以下の馬は今後注目に値しないと競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>