14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > きさらぎ賞 > 第48回きさらぎ賞

2008年きさらぎ賞「第48回きさらぎ賞」

2008/02/17 UP
by 予想屋マスター
回顧録

きさらぎ賞 -G3- 京都競馬場/芝外1800m 右
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万

第48回きさらぎ賞の結果、8番人気レインボーペガサス(ペリエ)、5番人気スマイルジャック(小牧太)、7番人気ヤマニンキングリー(藤田信二)の順で入線し、波乱の結果となった。

波乱の第48回きさらぎ賞の結果、制したのは、レインボーペガサスである。レインボーペガサスは、デビュー戦において、出遅れて大外を回らされたにもかかわらず、ヤマニンキングリーと0秒4差で走っており、展開次第では通用すると第48回きさらぎ賞の競馬理論では判断していた。しかしながら、競馬理論は、デビュー戦の好内容に高い評価を与えていたものの、芝戦で未勝利だったこともあり、レインボーペガサスを無印評価としてしまった。

レース結果では、レインボーペガサスは、中段よりやや後方の外を進み、直線でも馬場の荒れていない外から長くいい脚を使って、先頭でゴールした。レインボーペガサスの第48回きさらぎ賞の結果、勝利は1000m通過50秒8のスローペースで切れ味勝負の競馬で馬場の綺麗な外を走らせたペリエ騎手の好騎乗によるものでもあるが、スローペースで3/4馬身差の着差は完勝と言ってもよいだろう。

よって、今後のクラシック戦線においてもレインボーペガサスに注目すべきと第48回きさらぎ賞の競馬理論では判断している。第48回きさらぎ賞の結果、2着には競馬理論の本命馬スマイルジャックが入った。スマイルジャックは、先行集団の外からレース結果を進め、直線で一旦先頭に立ったが、レインボーペガサスに差されてしまい、2着に敗れてしまった。

スマイルジャックの第48回きさらぎ賞の結果、2着は、スローペースを先行集団の外から追走する絶好の展開によるものであり、レインボーペガサスに完敗といっていい内容であった。しかしながら、スマイルジャックは、レベルの高い東京スポーツ杯及び若竹賞でも差のない競馬をしており、勝ち切れないものの相手なりに走る馬と言える。

よって、どんな相手でも大崩れしないスマイルジャックに対しては今後のクラシック戦線においてもそれ相応の評価を与えるべきと第48回きさらぎ賞の競馬理論では判断している。第48回きさらぎ賞の結果、3着はヤマニンキングリーであった。

ヤマニンキングリーは、前々走の黄菊賞において、2歳牝馬チャンピオンのトールポピーを破っており、重賞でも通用する能力を秘めていると第48回きさらぎ賞の競馬理論では判断していた。レース結果では、ヤマニンキングリーは、後方からレース結果を進め、直線に向くとレインボーペガサスの外に持ち出されて追い込んだが、スマイルジャックにハナ差だけ届かず、3着に敗れてしまった。

ヤマニンキングリーの第48回きさらぎ賞の結果、3着は上がり34秒5の脚を使っていることからも分かるように、スローペースで脚を余したものである。よって、第48回きさらぎ賞の結果の内容だけを考えると、2着のスマイルジャックよりも、3着のヤマニンキングリーに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

1番人気のブラックシェル(武豊)は、7着に敗れてしまった。ブラックシェルは、出遅れて大外から追い込んだが、7着止まりであった。しかしながら、ブラックシェルは、上がり34秒5とレース結果ナンバーワンの脚を使っており、悲観すべき内容ではない。つまり、ブラックシェルの第48回きさらぎ賞の敗戦は、超スローペースの展開で出遅れてしまったことによるものであり、度外視できる。

よって、第48回きさらぎ賞の競馬理論は、ブラックシェルの次走以降の巻き返しに期待している。以上のように、競馬理論は、第48回きさらぎ賞のレース結果を分析した。第48回きさらぎ賞の結果でも、これまでの重賞レース結果と同様に、クラシックの有力候補と呼べるほどの馬は出現しなかった。

よって、クラシックを占う意味でも、今後のすべての3歳牡馬重賞からは目が離せない。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください