14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 菊花賞

今週の重賞レース
■ 富士ステークスページ https://www.keibariron.com/database/fujistakes

主なローテーション
■ 皐月賞ページ https://www.keibariron.com/database/satukisho
■ NHKマイルカップページ https://www.keibariron.com/database/nhkmilecup
■ 東京優駿ページ https://www.keibariron.com/database/fujistakes
■ セントライト記念ページ https://www.keibariron.com/database/stlitememorial
■ 神戸新聞杯記念ページ https://www.keibariron.com/database/koubeshinbunhai

菊花賞の最新情報(2020年)

ゴールドシップが2冠制覇なるか?
ゴールドシップが2冠制覇なるか?
今週のメインレースは、3冠の最終関門の第73回菊花賞である。 第73回菊花賞では、セントライト記念を制したフェノーメノが天皇賞・秋へ向かうことになったものの、日本ダービー馬ディープブリランテや皐月賞馬ゴールドシップなどの […]
2012/10/19 / 競馬予想コラム
オルフェーヴルが史上7頭目の3冠馬となるか?
オルフェーヴルが史上7頭目の3冠馬となるか?
今週のメインレースは、クラシック最終関門の第72回菊花賞(2011年)である。第72回菊花賞(2011年)ではオルフェーヴルがディープインパクト以来となる史上7頭目の3冠を達成できるかが注目される。 そこで、競馬理論の競 […]
2012/07/02 / 競馬予想コラム
リーチザクラウンが悲願のG1タイトルを奪取できるか?
リーチザクラウンが悲願のG1タイトルを奪取できるか?
今週のメインレースは、牡馬クラシックの最終関門の第70回菊花賞である。第70回菊花賞は、日本ダービー馬ロジユニヴァースが不在ということもあって混戦模様である。そこで、競馬理論の競馬予想は、第70回菊花賞に出走する有力各馬 […]
2012/06/29 / 競馬予想コラム
ディープスカイ不在の大混戦を制するのはどの馬か?
ディープスカイ不在の大混戦を制するのはどの馬か?
今週のメインレースは、牡馬クラシック最終戦の第69回菊花賞である。第69回菊花賞は、前哨戦の神戸新聞杯を制したダービー馬ディープスカイや神戸新聞杯2着でダービー3着のブラックシェルが不在ということもあって、寂しいメンバー […]
2012/06/29 / 競馬予想コラム
ロックドゥカンブが無傷の5連勝で菊花賞を制覇?
ロックドゥカンブが無傷の5連勝で菊花賞を制覇?
今週のメインレースは、牡馬3冠レースの最終戦となる第68回菊花賞である。第68回菊花賞は、ダービー馬ウォッカ(四位)が不在ということもあり、混戦が予想される。 その混戦模様の第68回菊花賞では、無傷の4連勝で駒を進めてき […]
2012/06/29 / 競馬予想コラム
第67回菊花賞
第67回菊花賞
第67回菊花賞では、2冠馬メイショウサムソン(石橋)が2年連続の3冠馬を目指す。第67回菊花賞は、果たして、メイショウサムソンは、3冠馬となれるのであろうか?メイショウサムソンは、非常に競馬が上手な馬であり、皐月賞及びダ […]
2012/06/29 / 競馬予想コラム
オルフェーヴルが3冠を達成
オルフェーヴルが3冠を達成
第72回菊花賞の結果(2011年)は、単勝1.4倍と断然人気のオルフェーヴル(池添)が人気に応えて、3冠馬となった。 競馬理論は、春の2冠(皐月賞及び日本ダービー)でも着差以上の強さを見せつけ3歳世代では敵なしのオルフェ […]
2011/10/23 / 回顧録
ビッグウィークがローズキングダムを破る
ビッグウィークがローズキングダムを破る
第71回菊花賞の結果は、ダービー馬エイシンフラッシュの回避により断然人気で臨んだローズキングダム(武豊)が2着に敗れ、7番人気のビッグウィーク(川田)が勝利を収める波乱の結果となった。 競馬理論は、スローペースで逃げを打 […]
2010/10/24 / 回顧録
第70回菊花賞
第70回菊花賞
牡馬クラシックの最終関門の第70回菊花賞の結果は、ステイヤー血統のスリーロールス(浜中)及びフォゲッタブル(吉田隼人)で結果が出た。 競馬理論は、第70回菊花賞の結果は、前走の1000万下特別の勝ちっぷりが非常に強かった […]
2009/10/25 / 回顧録
第59回菊花賞
第59回菊花賞
第59回菊花賞の結果は、上がり馬で1番人気のオウケンブルースリ(内田博)が勝利を収めたが、15番人気のフローテーション(藤岡)が2着、9番人気のナムラクレセント(和田)が3着に入り、3連単で50万円を超える波乱の結果とな […]
2008/10/25 / 回顧録
第68回菊花賞
第68回菊花賞
競馬理論は、第58回菊花賞の結果の馬連2930円及び馬単5300円を的中させることができた。そのため、競馬理論のファンの方から沢山のお礼のメールを頂き、本当にありがとうございました。 競馬理論は、第58回菊花賞の結果のハ […]
2007/10/21 / 回顧録
第57回菊花賞
第57回菊花賞
第57回菊花賞の結果では、断然人気の2冠馬メイショウサムソン(石橋)が4着に敗れる波乱の結果となった。 その結果、競馬理論は、馬連13?185480円を的中した。競馬理論のファンの方から、沢山のお礼のメールとお電話ありが […]
2006/10/22 / 回顧録
第66回菊花賞
第66回菊花賞
菊花賞の結果は、歴史的な名馬となったディープインパクト(武豊)が圧倒的な強さを見せて圧勝した。これによって、ディープインパクトは、無敗の3冠馬となった。それでは、菊花賞の結果のレースを振り返ってみる。ディープインパクトは […]
2005/10/23 / 回顧録
1 2