14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 菊花賞 > 菊花賞2018の回顧|フィエールマンがキャリア4戦目での制覇

2018年菊花賞「菊花賞2018の回顧|フィエールマンがキャリア4戦目での制覇」

2018/10/25 UP
by 予想屋マスター
回顧録

菊花賞 -G1- 京都競馬場/芝外3000m 右
条件:サラブレッド系3歳牡・牝 賞金:1億1200万円

菊花賞(2018年)は、ダービー馬ワグネリアン不在ということもあり、人気が割れる混戦模様であった。
その菊花賞(2018年)を制したのは、7番人気のフィエールマン(ルメール)であった。
競馬理論の競馬予想では、開幕週のイン有利の馬場で外から追い込んでメイショウテッコン(後の神戸新聞杯で3着馬)に迫った負けて強しのラジオNIKKEI賞の内容から、フィエールマンにもかなり高い評価を与えていた。

 

フィエールマン

レースでは、フィエールマンは、好位の馬群の中で折り合いをつけた。
そして、フィエールマンは、直線で前が開くと、先に抜け出したエタリオウとの叩き合いを制して、菊花賞(2018年)を勝利した。
フィエールマンの菊花賞(2018年)の勝利という結果は、キャリア4戦目ながらも、スローペースの展開を差し切ったことは立派である。
よって、今後の古馬相手のG1戦線の競馬予想でも、まだまだ上がり目がありそうなフィエールマンに高い評価を与えて当然である。

 

エタリオウ

一方、菊花賞(2018年)で2番人気に推されたエタリオウ(ミルコ・デムーロ)は2着止まりであった。
競馬理論の競馬予想では、前残りの展開ながらも追い込んだ日本ダービー及び神戸新聞杯の着順以上に強い内容から、エタリオウにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、エタリオウは、後方からの競馬となったが、かなりのスローペースとなったため、デムーロ騎手は一周目の直線で中団まで押し上げた。
そして、エタリオウは、直線の入り口で早めに先頭にたって押し切りを狙ったが、ゴール寸前でフィエールマンに差されてしまい2着止まりであった。
エタリオウの菊花賞(2018年)の2着という結果は、終始外を回って早め先頭で押し切る横綱競馬によるものであり、負けて強しの内容であった。
よって、今後のG1戦線の予想では、展開や条件次第ではあるものの、エタリオウがフィエールマンを逆転する可能性が高いと判断すべきである。

 

ユーキャンスマイル

一方、菊花賞(2018年)では10番人気のユーキャンスマイル(武豊)が3着に入った。
ユーキャンスマイルは、フィエールマンの直後の内目で脚をためた。
そして、ユーキャンスマイルは、直線で前が開くと、フィエールマンにこそ切れ負けしたが、いい脚を使って、3着を確保した。
ユーキャンスマイルの菊花賞(2018年)の3着という結果は、上位2頭にこそ力負けであったが、中長距離では一線級相手でも通用するスタミナを見せた。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、ユーキャンスマイルにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

以上のように、菊花賞(2018年)は、フィエールマンの勝利で幕を閉じた。
ただし、レース内容としては、エタリオウも互角であった。
競馬理論のファンの方は、3歳世代のレベル次第ではあるものの、フィエールマン及びエタリオウの今後の走りにも大いに期待して頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください