14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 菊花賞 > 第70回菊花賞

2009年菊花賞「第70回菊花賞」

2009/10/25 UP
by 予想屋マスター
回顧録

菊花賞 -G1- 京都競馬場/芝外3000m 右
条件:サラブレッド系3歳牡・牝 賞金:1億1200万円

牡馬クラシックの最終関門の第70回菊花賞の結果は、ステイヤー血統のスリーロールス(浜中)及びフォゲッタブル(吉田隼人)で結果が出た。

競馬理論は、第70回菊花賞の結果は、前走の1000万下特別の勝ちっぷりが非常に強かったので、スリーロールスを穴馬として対抗評価に予想した。

競馬にタラレバは禁物だが、スリーロールスを思い切って本命に予想していれば、多くのお客様に喜んでいただけたと思うと残念でならない。

第70回菊花賞の結果のレースでは、スリーロールスは、1番枠を生かして、4~5番手のインを追走した。

そして、スリーロールスは、直線に向くと早めに先頭に立ち、フォゲッタブルの追撃を凌ぎ切って、第70回菊花賞の結果を制覇した。

スリーロールスの第70回菊花賞の結果の勝利は、1枠で無駄な距離を走らない展開に恵まれたものでもあるが、逃げるリーチザクラウンを自ら捕まえに行く競馬でのものであり、レース内容的にも悪くない。

よって、今年の3歳世代のレベルの高さを考えると、今後の古馬とのG1戦線においても、スリーロールスには高い評価を与えるべきである。

特に、スリーロールスは、血統的にも長距離への適性が高いので、来年の天皇賞・春では要注意と競馬理論では判断している。

一方、第70回菊花賞の結果で、7番人気のフォゲッタブル(吉田隼人)が2着に差し込んだ。

フォゲッタブルは、3000mにしては早い流れを、中段のインで待機し、直線でも、外によれるスリーロールスの内から追い込んだが、ハナ差だけ届かずの2着に敗れてしまった。

フォゲッタブルの第70回菊花賞の結果の2着は、無駄な距離を走らせなかった吉田隼人騎手の好騎乗に恵まれたものでもあるが、ゴール前での差し脚は母のエアグルーヴを彷彿とさせるものであった。

よって、今後の重賞戦線においても、良血で更なる成長が見込まれるフォゲッタブルには大いに注目すべきと競馬理論では判断している。

一方、第70回菊花賞の結果で、セイウンワンダーは、中段から外を回って3着、イコピコは、後方から大外を回って4着に追い込んだ。

セイウンワンダー及びイコピコの第70回菊花賞の結果の敗戦は、外を回らされてのものであり、上位2頭とはコース取りの差でしかない。

よって、今後の重賞戦線、セイウンワンダー及びイコピコに、スリーロールスと互角又はそれ以上の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、一番人気のリーチザクラウンは、大逃げを打ったが、ゴール前で失速してしまい、5着に敗れてしまった。

リーチザクラウンの第70回菊花賞の結果の5着は、スタート後にアントニオバローズに競られて1000m通過59秒9のハイペースで逃げる展開になってしまったことが影響したものであり、マイペースで逃げられればもう少し粘っていたはずである。

しかしながら、リーチザクラウンにとっては、距離が長かったことも確かなので、今後は気性的にもスピードを生かせる距離での活躍が見込めると競馬理論では判断している。

以上のように、第70回菊花賞の結果は、今年のクラシック戦線の混戦模様を象徴するように、波乱の結果となった。

一方で、今年の3歳世代は、条件クラスでの成績を見る限り、レベルが高そうなので、古馬の重賞戦線も3歳世代中心の混戦模様になることが予想される。

競馬理論のファンの方は、3歳世代の今後の活躍に大いに期待して頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください