14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 菊花賞 > ディープスカイ不在の大混戦を制するのはどの馬か?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
菊花賞 -G1- 京都競馬場/芝外3000m 右
条件:サラブレッド系3歳牡・牝 賞金:1億1200万円

2012年菊花賞 ディープスカイ不在の大混戦を制するのはどの馬か?

今週のメインレースは、牡馬クラシック最終戦の第69回菊花賞である。第69回菊花賞は、前哨戦の神戸新聞杯を制したダービー馬ディープスカイや神戸新聞杯2着でダービー3着のブラックシェルが不在ということもあって、寂しいメンバー構成となってしまった。しかしながら、第69回菊花賞はディープスカイの回避により、第69回菊花賞は混戦ながらも馬券的に面白いレースとなった。そこで、ステップレースごとに有力各馬の能力を分析する。

第69回菊花賞で関東のステップレースのセントライト記念組からは、1着のダイワワイルドボア(北村)、2着のマイネルチャールズ(松岡)、3着のノットアローン及び7着のキングスエンブレムが第69回菊花賞に出走を予定している。ダイワワイルドボアのセントライト記念の勝利は、インが有利な馬場で好位のインを追走させた北村騎手の好騎乗及びやや重の馬場状態に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。また、第69回菊花賞はマイネルチャールズのセントライト記念の2着は、4コーナーで早め先頭と自ら勝ちに行く競馬でのものではあるが、イン有利の馬場状態で3番手のインという絶好位を追走してのものであって、内容的な価値は低い。一方、第69回菊花賞でノットアローンのセントライト記念の3着は、終始外を回らされる競馬でのものであって、レース内容的にはダイワワイルドボア及びマイネルチャールズの上位2頭を上回る。よって、第69回菊花賞はセントライト記念のレース内容だけであれば、ノットアローンを最も重視して予想すべきである。ただし、セントライト記念を制したダイワワイルドボアは、1000万下でも敗戦を繰り返していた馬なので、セントライト記念はかなり低レベルな結果だった可能性が高い。よって、第69回菊花賞、ダイワワイルドボア、マイネルチャールズ及びノットアローンなどのセントライト記念組にあまり高い評価を与えるべきではないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、第69回菊花賞で神戸新聞杯組からは、3着のオウケンブルースリ(内田博)、4着のベンチャーナイン(武士沢)、5着のロードアリエス(鮫島)、6着のナムラクレセント(和田)、7着のミッキーチアフル(幸)、8着のヤマニンキングリー(柴山)、9着のスマイルジャック(小牧太)、11着のアインラクス(福永祐一)、12着のフローテーション(藤岡)、15着のヤマニンリュバン(酒井)及び17着のメイショウクオリア(角田)が第69回菊花賞に出走を予定している。神戸新聞杯において、オウケンブルースリは、後方のインからレースを進め、直線で外に持ち出されると、メンバー最速となる34秒5の脚で追い込んだが、3着が精一杯であった。オウケンブルースリの神戸新聞杯の3着は、平均よりやや遅いゆったりした流れを克服して追い込んだものであり、レース内容的にはディープスカイ及びブラックシェルの上位2頭と大きな差はない。よって、ディープスカイ及びブラックシェルが不在となった第69回菊花賞、オウケンブルースリに高い評価を与えるのは当然と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ベンチャーナインは、神戸新聞杯において、スタートで出遅れてしまったこともあって、最後方からレースを進めて、直線でも大外を回らされたにもかかわらず、4着に追い込んだ。このように、ベンチャーナインの神戸新聞杯の4着は、出遅れ及び大外を回らされるコースロスがあってのものであり、レース内容的には、オウケンブルースリと互角とまでは言わないが、着差ほどの大きな差はない。よって、第69回菊花賞、実績と能力の割にいつも人気にならないベンチャーナインに、馬券の期待値を高めるという意味でも高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、神戸新聞杯においてスローペースでインの3番手を追走する展開に恵まれての5着であったロードアリエス及びスローペースで楽に逃げられたにもかかわらず7着に敗れてしまったミッキーチアフルは、第69回菊花賞で神戸新聞杯よりも楽な展開になるわけがないので、軽視しても問題ないだろう。また、神戸新聞杯で11着のアインラクス、12着のフローテーション、15着のヤマニンリュバン及び17着のメイショウクオリアは、負けすぎなので、第69回菊花賞で一変する可能性は低い。

一方、ナムラクレセントは、神戸新聞杯では、終始大外を回らされたにもかかわらず、6着と大きく負けていない。更に、ナムラクレセントは、前々走の1000万下特別において、菊花賞で武豊騎乗ということもあって穴人気になりそうなスマートギアを差し切っている。これらのことから、第69回菊花賞が前潰れの展開になれば、ナムラクレセントが好走してもおかしくはないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ヤマニンキングリーは、神戸新聞杯で8着に敗れた内容では通用しないが、きさらぎ賞で2着のスマイルジャックとハナ差の3着と好走しており(ブラックシェルには先着)、展開次第で一線級相手でも好走可能である。よって、第69回菊花賞において叩き2走目で体調の上昇が見込めるようであれば、相手なりに走るヤマニンキングリーにも押さえ程度の評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、神戸新聞杯で9着のスマイルジャックは、日本ダービーで2着に好走しており、ディープスカイ及びブラックシェルが不在の第69回菊花賞では実績的に上と見ることができる。しかしながら、スマイルジャックの日本ダービーの2着は、雨が止むとイン有利となる東京競馬場で離れた3番手を追走する絶好の展開に恵まれたものである。よって、第69回菊花賞において、日本ダービーの2着だけで人気になるようであれば、スマイルジャックの評価を下げるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第69回菊花賞に出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教、距離適性及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第69回菊花賞の最終的な予想を決断する。競馬理論の競馬予想のファンの方は、第69回菊花賞の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>