14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京成杯 > ナカヤマフェスタは3連勝でクラシック戦線の主役になれるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
京成杯 -G3- 中山競馬場/芝2000m 右
条件: サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

2012年京成杯 ナカヤマフェスタは3連勝でクラシック戦線の主役になれるか?

今週のメインレースは、皐月賞と同じ舞台の中山2000mで行われる第49回京成杯である。
第49回京成杯は、初対戦となるメンバーが多く、難解な一戦となりそうである。

その難解な第49回京成杯では、ナカヤマフェスタ(蛯名)が人気となりそうである。
ナカヤマフェスタは、新馬戦及び東京スポーツ杯2歳ステークスと2連勝を果たしているように底を見せておらず、人気になって当然である。
特に、ナカヤマフェスタの東京スポーツ杯2歳ステークスの勝利は、スローペースを先行する展開に恵まれたものの、朝日杯フューチュリティステークスでも3着に好走したブレイクランアウトの追い込みを凌ぎ切ってのものであり、内容的にも悪くない。
なお、二連勝ともに着差がクビだけという点が唯一気になるが、ナカヤマフェスタは、2戦共に並ばれてから抜かせない勝負根性を見せ付けており、第49回京成杯でも馬体を併せる競馬にさえなれば好走必死である。
よって、東京スポーツ杯よりもメンバーが弱化する第49回京成杯、ナカヤマフェスタに本命級のかなり高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

東京スポーツ杯2歳ステークス組では、7着のセイクリッドバレー(吉田隼人)も第49回京成杯に出走を予定している。
セイクリットバレーは、東京スポーツ杯で7着の後、葉牡丹賞及びホープフルステークスで安定した走りを見せており、第49回京成杯、コース経験の強みを生かして好走してもおかしくはない。
ただし、東京スポーツ杯での内容を見る限り、セイクリットバレーがナカヤマフェスタを逆転する可能性は低いと競馬理論の競馬予想では判断している

一方、セイクリットバレーが3着に好走したホープフルステークス組では、4着のカノンコード及び12着のゴールドスパークルも第49回京成杯に出走を予定している。
しかしながら、ホープフルステークスの内容を振り返る限り、カノンコード及びゴールドスパークルが、セイクリットバレーを逆転する可能性は低く、第49回京成杯では通用しないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、第49回京成杯では、トゥリオンファーレ(松岡)、アーリーロブスト及びサトノエクスプレス(北村宏)も人気になりそうである。
トゥリオンファーレは、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで3着に敗れたが、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスは、近年で最もクラシックに直結するレースであるように、かなりレベルの高い一戦であった。
よって、第49回京成杯のメンバー構成であれば、トゥリオンファーレは、ラジオNIKKEI杯2歳ステークス程度走れば好走必死なので、トゥリオンファーレに高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アーリーロブストは、未勝利戦及びエリカ賞と2連勝でオープン入りを果たした。
アーリーロブストのエリカ賞の勝利は、スローペースを単騎で逃げる展開及び弱いメンバーに恵まれてのものであり、レース内容的な価値は高くない。
よって、第49回京成杯、2連勝というだけで過剰に人気になるようであれば、アーリーロブストを押さえ評価程度にとどめるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、サトノエクスプレスは、2戦1勝2着1回と安定した走りを見せており、前走の500万下で敗れた相手がG1の阪神ジュベナイルフィリーズで3着に好走したミクロコスモスであったことを考慮すると、第49回京成杯でも通用しそうである。
しかしながら、サトノエクスプレスの500万下の2着は、1000m通過60秒8のスローペースを2番手で追走する楽な展開に恵まれてのものであり、過大評価は禁物である。
よって、第49回京成杯、アーリーロブストと同様に、サトノエクスプレスには押さえ程度の評価を与えれば十分と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、第49回京成杯の穴馬候補としては、コパノカミ、サンライズキール及びモンテトウルヌソルに注目している。
コパノカミは、前走の福寿草特別で逃げて3着に敗れてしまったが、途中から逃げる中途半端な展開でのものであり、第49回京成杯ではマイペースで逃げられれば展開利を生かして粘り込む可能性もあり得る。
また、サンライズキールの新馬戦及びモンテトウルヌソルの未勝利戦の勝利は、時計・内容ともに抜群で、第49回京成杯でも通用しそうである。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第49回京成杯に出走を予定している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第49回京成杯の最終的な予想を決断する。
競馬理論の競馬予想のファンの方は、第49回京成杯の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>