14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京成杯 > 第49回京成杯

2009年京成杯「第49回京成杯」

2009/01/18 UP
by 予想屋マスター
回顧録

京成杯 -G3- 中山競馬場/芝2000m 右
条件: サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

第49回京成杯の結果では、2番人気のアーリーロブスト(福永祐一)が勝利を収め、断然1番人気のナカヤマフェスタは2着に敗れてしまった。

競馬理論は、先行馬不在のメンバー構成を考慮し、アーリーロブストに高い評価を与えていた。

レースでは、アーリーロブストは、逃げたモエレビクトリー(田中勝)から離れた2番手を追走し、直線では逃げ粘るモエレビクトリーをきっちりと交わして勝利を収めた。

アーリーロブストの第49回京成杯の結果の勝利は、1000m通過52秒0の超スローペースを、単騎逃げと同じ状態の離れた2番手から追走するという絶好の展開に恵まれたものであり、レース内容的な価値は低い。

よって、京成杯後のクラシック戦線、第49回京成杯の結果の勝利だけでアーリーロブストが過剰に人気になるのであれば、アーリーロブストの評価を下げて予想すべきと競馬理論では判断している。

一方、第49回京成杯の結果で競馬理論が自信の本命に予想したナカヤマフェスタは、2着に敗れてしまった。

ナカヤマフェスタは、中段のインから競馬を進めたが、ペースの落ち着いた2コーナーあたりで折り合いを欠いてしまった。

その後も、ナカヤマフェスタは、3コーナー過ぎでのサンライズキールの落馬事故で不利を受けてしまい、ゴール前で懸命に追い込んだが、2着が精一杯であった。

ナカヤマフェスタの第49回京成杯の結果の2着は、折り合いを欠く不利、落馬事故の影響による不利、更には超スローペースの展開と悪条件が重なってのものであり、レース内容的には、アーリーロブストを大きく上回る。

よって、京成杯後のクラシック戦線においても、第49回京成杯の結果の敗戦を度外視して、ナカヤマフェスタには大いに注目すべきと競馬理論では判断している。

一方、第49回京成杯の結果では、13頭立て13番人気のモエレビクトリーが3着に入った。

モエレビクトリーは、他が逃げる素振りを見せなかったこともあり、思い切って逃げの手に出たが、その作戦が功を奏して、見せ場たっぷりの3着に粘り込んだ。

モエレビクトリーの第49回京成杯の結果の3着は、転入初戦ということを考えると立派だが、超スローペースで離し逃げを打つ展開に恵まれただけであり、内容的な価値はかなり低い。

よって、次走以降のクラシック戦線、モエレビクトリーに高い評価を与える必要はないと競馬理論では判断している。

一方、第49回京成杯の結果の4着は、モンテトウルヌソルであった。

モンテトウルヌソルは、後方2番手を追走し、直線では大外から4着に追い込んだ。

モンテトウルヌソルの第49回京成杯の結果の4着は、超スローペースで追い込み不利な展開を、上がりナンバー2のナカヤマフェスタを0秒4も上回る34秒5の脚で追い込んでのものであって、勝ち馬と0秒1の着差を考慮すると抜群の内容である。

よって、今年のクラシック戦線においても、京成杯後の成長力次第ではモンテトウルヌソルを穴馬として注目すべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第49回京成杯の結果は、アーリーロブストの勝利で終わった。

しかしながら、第49回京成杯の結果組では、アーリーロブストよりも、京成杯2着のナカヤマフェスタ及び京成杯4着のモンテトウルヌソルに京成杯後のクラシック戦線では注目すべきと競馬理論では判断している。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください