14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京成杯 > 2連勝中のアイティトップ及びリトルアマポーラに注目

2012年京成杯「2連勝中のアイティトップ及びリトルアマポーラに注目」

2012/06/29 UP
by 予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
京成杯 -G3- 中山競馬場/芝2000m 右
条件: サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

今週のメインレースは、第48回京成杯である。
第48回京成杯は、皐月賞と同じ中山2000mで行われることもあって、今後のクラシック戦線を占う意味でも大いに注目される。

その第48回京成杯では、マイネルチャールズ(松岡)が人気になりそうである。
マイネルチャールズは、同じ中山2000mで行われたホープフルステークスを圧勝している。
ホープフルステークスで2着のブラックシェルが福寿草特別を勝ったことで、マイネルチャールズのホープフルステークス勝ちの価値が高まった。
よって、ホープフルステークスと同じ条件で行われる第48回京成杯ならば、マイネルチャールズが好走する可能性は高いだろう。
ただし、第48回京成杯は、ホープフルステークスよりも急激にメンバーが強化していることを忘れてはならない。
そのため、マイネルチャールズが過剰に人気になるようであれば、京成杯の競馬理論の競馬予想は、マイネルチャールズを対抗以下の評価にとどめる予定である。

マイネルチャールズが人気になるとすると、ホープフルステークスで3着のドットコム(横山典)も注目される。
しかしながら、ドットコムのホープフルステークスの3着は、スローペースのインの3番手を追走する展開に恵まれてのものであり、レース内容的な価値は低い。
よって、第48回京成杯において、ドットコムがマイネルチャールズを逆転する可能性は低いと京成杯の競馬理論の競馬予想では判断している。

デビューから2連勝中のアイティトップ(丹内)及びリトルアマポーラ(武幸四郎)も人気になりそうである。
アイティトップは、前走の寒竹賞において、出遅れたにもかかわらず、後方一気の競馬で圧勝した。
よって、第48回京成杯においても、底を見せていないアイティトップには高い評価を与えるべきと京成杯の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、リトルアマポーラは、平場の500万下でミッキーチアフルに3馬身差で圧勝している。
そのミッキーチアフルが京王杯2歳ステークス及びシンザン記念で勝ち馬と差のない5着に好走していることを考えると、リトルアマポーラが第48回京成杯で好走する可能性は高い。

他には、中山2000mの新馬戦を5馬身差で圧勝したステルスソニック(蛯名)も注目される。
ただし、ステルスソニックの新馬戦の勝ち時計は、同じ日のホープフルステークスよりも2秒以上劣るので、時計を詰められるかがポイントとなる。
よって、勝ち時計の劣るステルスソニックが新馬戦の圧勝だけで過剰に人気になるようであれば、京成杯の競馬理論の競馬予想は、ステルスソニックを押さえ程度の評価にとどめるべきと判断している。

ラジオNIKKEI杯に出走したマイネルファルケ(田中勝)及びダンツウィニングも差はない。
ラジオNIKKEI杯は、例年、クラシックへの登竜門となっており、今年もかなりレベルの高いメンバーが揃っていた。
そのレベルの高いラジオNIKKEI杯で5~6着に好走したマイネルファルケ及びダンツウィニングは、第48回京成杯程度のメンバーであれば好走必死であろう。

他には、強敵相手に着順ほど負けていないベンチャーナイン(武士沢)や新馬戦の内容がいいムードインディゴも連下候補として注目すべきである。

以上のように、京成杯の競馬理論の競馬予想は、第48回京成杯に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、調教や馬場状態などを加味して、第48回京成杯の最終的な予想を決断する。
京成杯の競馬理論の競馬予想のファンの方は、第48回京成杯の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください