14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京成杯 > 第48回京成杯
2008/01/20
予想屋マスター
回顧録

京成杯 -G3- 中山競馬場/芝2000m 右
条件: サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

2008年京成杯 第48回京成杯

第48回京成杯の結果は、競馬理の穴馬ベンチャーナイン(武士沢)が2着に劇走し、波乱の結果となった。

その波乱の第48回京成杯の結果を制したのは、一番人気のマイネルチャールズ(松岡)であった。

マイネルチャールズは、中段の馬群の中で折り合いに専念して、抜群の手応えで4コーナーにかかったが、直線の入り口で一瞬行き場を失ってしまった。

しかしながら、マイネルチャールズは、内に切れ込みながら馬群を割って先頭に立つと、ベンチャーナインの追い込みをクビ差凌ぎ切って、第48回京成杯の結果を制した。

マイネルチャールズの第48回京成杯の結果の勝利は、勝負どころで前が塞がる不利を克服してのものであり、勝負根性が光る強いレース内容であった。よって、京成杯後のクラシック戦線においてもマイネルチャールズに大いに注目すべきと競馬理論では判断している。

ただし、第48回京成杯の結果に出走したメンバーは一線級不在だったので、マイネルチャールズにとっては次走以降が試金石の一戦となるであろう。

第48回京成杯の結果では、12番人気のベンチャーナインが2着に追い込んだ。

ベンチャーナインは、野路菊ステークスにおいて、朝日杯フューチュリティステークス馬キャプテントゥーレに先着しており、G3程度ならばいつでも通用する能力を秘めている。

よって、競馬理論は、武士沢騎手で人気がないベンチャーナインを穴馬として対抗に予想した。
レースでは、ベンチャーナインは、最後方からレースを進めて直線で大外から追い込んだが、マイネルチャールズに届かず2着に敗れてしまった。

ベンチャーナインは、これまで強敵相手に差のない競馬を繰り返してきたことを考えると、第48回京成杯の結果程度のメンバーならばこの程度走って当然である。

よって、京成杯後の重賞においても、メンバーや展開次第ではベンチャーナインが好走してもおかしくはないと競馬理論では判断している。

2戦2勝の4番人気アイティトップ(丹内)は、3着に敗れてしまった。

アイティトップは、マイネルチャールズを内に見る位置からレースを進めて、直線で外から追い込んだが、3着が精一杯であった。

アイティトップの第48回京成杯の結果の3着は、2コーナーで少し折り合いを欠いたこと及びキャリア3戦であることを考慮すれば、悲観すべき内容ではない。

ただし、現時点アイティトップがクラシックで通用する可能性は低いだろう。

よって、アイティトップが京成杯後の重賞でも好走するには、ある程度の成長が必要になる。

京成杯では本命馬リトルアマポーラ(武幸四郎)は、京成杯では4着に敗れてしまった。

リトルアマポーラは、中段よりやや前目の位置でレースを進めたが、4コーナーで前が詰まって仕掛けが遅れてしまい、京成杯では4着に敗れてしまった。

リトルアマポーラの第48回京成杯の結果の4着は、脚を余してのものであり、敗戦自体は度外視できる。

よって、牝馬ながら牡馬の重賞級と互角の競馬をしたリトルアマポーラは、牝馬のクラシック戦線であれば好走必死であろう。


よって、牝馬のクラシック戦線において、リトルアマポーラに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第48回京成杯の結果では、1番人気のマイネルチャールズが勝負強さを発揮して勝利を収めた。

マイネルチャールズは、第48回京成杯の結果と同じ中山2000mで行われる皐月賞それ相応の注意を払う必要があるだろう。

ただし、時計的にもメンバー的にも第48回京成杯の結果は恵まれた感は否めないので、マイネルチャールズがクラシック戦線で通用するかどうかは次走が試金石の一戦となるだろう。

一方、京成杯で4着に敗れたリトルアマポーラは、牝馬のクラシック戦線ならば上位争いする能力を秘めている。

よって、競馬理論のファンの方は、京成杯後の牝馬クラシック戦線において、リトルアマポーラから目を離さないで欲しい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>