14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京成杯 > 第46回京成杯
2006/01/15
予想屋マスター
回顧録

京成杯 -G3- 中山競馬場/芝2000m 右
条件: サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

2006年京成杯 第46回京成杯

京成杯の結果では、断然人気のジャリスコライト(北村宏)が快勝した。京成杯の結果ジャリスコライトは、中段を進み、直線に向くと外から豪快に差し切った。

しかり、京成杯の結果のジャリスコライトの京成杯の勝利は、かなり弱いメンバーに恵まれたものと言わざるをえない。5戦目にしてようやく未勝利勝ちの結果を収めたトウショウシロッコが、結果2着に追い込んだことからもわかる。

更に、ジャリスコライトの勝ち時計の2分3秒2は、古馬の1000万下の2分1秒5と比べると、いかにも平凡な結果である。これらのことを考えると、ジャリスコライトには大勝して欲しかった。

そこで、ジャリスコライトにとっては、次走がクラシックを占う重要な一戦になると競馬理論は判断している。なお、

京成杯の結果2着以降には、今後の重賞で注目すべき馬はいなかった。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>