リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日21:00より先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > キーンランドカップ > キーンランドカップ2018の回顧|ナックビーナスがモレイラマジックで圧勝

【 キーンランドカップ2018予想】キーンランドカップ2018の回顧|ナックビーナスがモレイラマジックで圧勝

2018/08/30
出走日:2018年09月02日(日)
キーンランドカップ( G3)/札幌競馬場/ 芝1200m/右/条件:サラブレッド系3歳以上/賞金:3800万円

キーンランドカップ(2018年)は、1番人気に推されたナックビーナス(モレイラ)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、スプリント戦にしては先行馬が少ない展開面を考慮し、先行力があるナックビーナスを本命とした。

 

ナックビーナス

レースでは、ナックビーナスは、スタートを決めると楽に先手を取ることができた。
そして、ナックビーナスは、楽な手応えのまま直線に向くと、後続を突き放して、キーンランドカップ(2018年)を制覇した。
ナックビーナスのキーンランドカップ(2018年)の勝利という結果は、楽に逃げる展開に恵まれたにせよ、2着に2馬身半もの差をつけたことは立派である。
よって、次走のスプリンターズステークスの予想では、器用な先行力を生かせる展開になるようであれば、ナックビーナスの好走の可能性が高まると判断すべきである。

 

ダノンスマッシュ

一方、キーンランドカップ(2018年)では、4番人気に推された3歳馬ダノンスマッシュ(北村友一)が2着に入った。
競馬理論の予想では、先行力がある上にスプリント戦では底を見せていない点を評価し、ダノンスマッシュにも高い評価を与えていた。
レースでは、ダノンスマッシュは、インの3番手を確保した。
そして、ダノンスマッシュは、直線でナックビーナスに突き放されてしまったが、ペイシャフェリシタとの激しい2着争いを制した。
ダノンスマッシュのキーンランドカップ(2018年)の2着という結果は、古馬の重賞級相手であったことを考えれば立派だが、好位のインを追走する絶好の展開に恵まれたことも確かである。
よって、今後の重賞戦線の予想では、ダノンスマッシュが一線級相手でも通夜するためにはさらなる成長が必要と判断すべきである。

 

ペイシャフェリシタ

一方、キーンランドカップ(2018年)では9番人気のペイシャフェリシタ(田辺裕信)が3着に入った。
ペイシャフェリシタは、スタートを決めると、好位のインからレースを進めた。
そして、ペイシャフェリシタは、直線でも最内に潜り込んで脚を伸ばし、一旦は2番手に浮上したが、ダノンスマッシュに差し返されてしまい、3着止まりであった。
ペイシャフェリシタのキーンランドカップ(2018年)の3着という結果は、馬場が内から乾いたことによって内が有利になった馬場を最大限に生かしたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、今後の重賞戦線の予想では、ペイシャフェリシタにキーンランドカップ(2018年)3着という実績だけで高い評価は不要である。

 

以上のように、キーンランドカップ(2018年)は、ナックビーナスの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、ナックビーナスの今後の走りにも大いに期待して頂きたい。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日21:00より先着順募集中