14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > キーンランドカップ > 第1回キーンランドカップ

2006年キーンランドカップ「第1回キーンランドカップ」

2006/08/27 UP
by 予想屋マスター
回顧録

キーンランドカップ - G3- 札幌競馬場/ 芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3800万円

サマースプリントシリーズの一戦として、重賞に格上げとなった第1回キーンランドカップは、上位3頭を牝馬が独占するレース結果となった。

先週の札幌記念に続き、キーンランドカップでも夏は牝馬という格言通りのレース結果となった。その第1回キーンランドカップを制したのは、チアフルスマイル(岩田)である。チアフルスマイルは、久々の1200m戦であるが、4走前の1400mのオープン特別戦でアイルラヴァゲインを差し切っており、距離自体は問題ないと競馬理論では判断していた。

更に、前走のクイーンステークスで3着したレクレドールが、札幌記念でも2着と好走しており、差のない5着であったチアフルスマイルが、キーンランドカップで好走する可能性は極めて高いと判断していた。

唯一の不安点は、1800m戦のクイーンステークスでシンガリを追走していたので、ペースの違いに戸惑ってしまうことだけであった。そのため、競馬理論は、キーンランドカップで本命とせずに、3番手評価とした。

キーンランドカップのレース結果では、チアフルスマイルは、中段よりやや後ろの外を進み、直線に向くと大外から豪快に差し切った。チアフルスマイルのレース内容は、文句のつけようのない快勝であった。

よって、チアフルスマイルが、短距離路線に的を絞ってくるようであれば、今後も好走を続ける可能性が極めて高い。短距離戦線では上位馬が手薄なので、チアフルスマイルが、キーンランドカップ以降のG1のスプリンターズステークスで好走する可能性まであり得ると競馬理論では判断している。

キーンランドカップの2着には、シーイズトウショウ(池添)が粘り込んだ結果となった。シーイズトウショウは、実績断然であり、別定の55キロであれば、連軸は外せないとして、競馬理論は、シーイズトウショウを本命に予想した。

キーンランドカップのレース結果では、シーイズトウショウは、3番手を進み、直線では一旦後続を突き放し、勝利を確信したようにも見えたが、チアフルスマイルの強襲に屈して、2着に敗れてしまった結果となった。

シーイズトウショウの敗因は、気分よく先行できてしまったことである。キーンランドカップでシーイズトウショウは、内枠で脚を貯めていれば、チアフルスマイルと差のない競馬をしていたハズである。

しかし、キーンランドカップでシーイズトウショウは、短距離戦線では実力のあるとこを示した。シーイズトウショウは、G1では少し能力不足であるが、短距離の重賞戦線では、キーンランドカップの結果から判断して今後も目を離せない存在であると競馬理論では判断している。

キーンランドカップの3着には、ビーナスライン(秋山)が追い込んだ結果となった。ビーナスラインは、キーンランドカップのスタートで出遅れたにもかかわらず、直線では内を突いて3着に追い込んだ。ビーナスラインは、前走の函館スプリントステークスの快勝がフロックでないことを実証して、サマースプリントシリーズのトップに躍り出た。

ビーナスラインの近走の充実振りは目を見張るものがあるので、次走以降の重賞でも上位争いする可能性が高いと競馬理論では判断している。

7歳馬ブルーショットガン(藤岡)も、大外から差のない4着に追い込んだ。ブルーショットガンも、7歳馬とはいえ、今が最も充実しており、キーンランドカップの次走以降でも好走する可能性が高いと競馬理論では判断している。

キーンランドカップ以外でも現在の短距離戦線は、実力が拮抗した馬揃いであり、展開及び調子次第で着順が入れ替わる。よって、キーンランドカップの結果をみるかぎり、競馬理論では馬券的に妙味のあるレースが続く短距離戦線の重賞で高配当を狙っていこうと考えている。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください