15年連続プラス収支全国出張セミナー継続開催中
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日21:00より先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > JBCクラシック > JBCクラシック2018の回顧|ケイティブレイブが格の違いを見せつける

【 JBCクラシック2018予想】JBCクラシック2018の回顧|ケイティブレイブが格の違いを見せつける

2018/11/08
出走日:2018年11月11日(日)
JBCクラシック(Jpn1)/京都競馬場/ダート1900m/右/条件:サラブレッド系3歳以上/賞金:8000万

JBCクラシックは、3番人気のケイティブレイブ(福永祐一)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、日本テレビ盃の圧勝劇からケイティブレイブの能力にかなり高い評価を与えていてが、先行馬が多いメンバー構成で外から被されると能力を発揮できない可能性を考慮し、本命にすることはできなかった。

 

ケイティブレイブ

レースでは、ケイティブレイブは、先行馬を行かせて中団の外目を追走した。
そして、ケイティブレイブは、3コーナー過ぎから徐々にポジションアップし、4コーナーで前を射程圏に入れると、直線では馬場の真ん中を突き抜けて、JBCクラシックを制覇した。
ケイティブレイブのJBCクラシックの勝利という結果は、イン有利の馬場で外を回らされた上に、自分から勝ちに行ってのものであり、着差以上の強さを見せつけた。
また、ケイティブレイブは、いつもの先行する競馬ではなく、差す競馬でも能力を発揮できるようになったことは今後を考える上では大きい。
よって、次走のチャンピオンズカップの予想でも、ケイティブレイブには本命級のかなり高い評価を与えて当然である。

 

オメガパフューム

一方、JBCクラシックでは、2番人気のオメガパフューム(和田竜二)が2着に入った。
オメガパフュームは、ケイティブレイブをマークするように10番手くらいの外目で脚をためた。
そして、オメガパフュームは、3コーナー過ぎでケイティブレイブがあがっていくとついて行き、直線では外からケイティブレイブ以上の脚を使ったが届かず、2着止まりであった。
オメガパフュームのJBCクラシックの2着という結果は、ケイティブレイブにこそ力負けであったが、3歳馬であることを考慮すると立派である。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想では、差しが届く展開や今後の成長次第で、オメガパフュームがケイティブレイブを逆転可能と判断すべきである。

 

サンライズソア

一方、JBCクラシックで1番人気に推されたサンライズソア(ルメール)が3着に逃げ粘った。
サンライズソアは、スタートを決めると先手を取ることができた。
しかしながらサンライズソアは、折り合いを欠いたテイエムジンソクに途中から絡まれてしまったこともあり、直線では懸命に粘ったものの、ケイティブレイブ及びオメガパフュームには差され、3着に破れてしまった。
サンライズソアのJBCクラシックの3着という結果は、テイエムジンソクに絡まれなければと思わせる内容であった。
ただし、サンライズソアは、逃げることでイン有利の馬場を生かせたことも確かである。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想では、サンライズソアが勝ち切るためには楽に先行する展開や前が止まらない馬場状態など多少の助けが必要と判断すべきである。

 

以上のように、JBCクラシックは、ケイティブレイブの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、ケイティブレイブの今後の走りにも大いに期待していただきたい。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日21:00より先着順募集中