14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 日本ダービー > ワンアンドオンリーが橋口調教師に悲願のダービー制覇をもたらす
2014/06/05
予想屋マスター
回顧録

日本ダービー -G1- 東京競馬場/芝2400m 左
条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬 賞金:2億円

2014年日本ダービー ワンアンドオンリーが橋口調教師に悲願のダービー制覇をもたらす

第81回日本ダービーは、ワンアンドオンリー(横山典弘)が皐月賞馬イスラボニータを競り落とし、橋口調教師に悲願のダービー制覇をもたらした。

競馬理論の競馬予想では、ワンアンドオンリーは皐月賞のレース内容が他の出走馬よりも良く、また一番強いと判断し、相当高い評価を与えていたが、行き脚がつかずに位置取りが悪くなりすぎた場合に脚を余す可能性を考慮し、ワンアンドオンリーを第81回日本ダービーの本命にはできなかった。

レース中、ワンアンドオンリーは横山騎手にスタートで気合をつけられると、内枠を生かして好位のインから競馬を進めた。

そして、ワンアンドオンリーは直線に向いてイスラボニータを目標に追い出されると、一完歩ずつ差を詰め、ゴール前ではイスラボニータをきっちりと差し切り、第81回日本ダービーを制覇した。

ワンアンドオンリーの第81回日本ダービーの勝利という結果は、脚を余した皐月賞の強い内容を考えるとこれくらい走って当然といった内容ではあるが、イン有利の馬場で好位のインを確保させた横山騎手の好騎乗によるものと考えられる。

よって、今後開催される秋の菊花賞の競馬予想においてもワンアンドオンリーには相当高い評価を与えて当然ではあるが、混戦の3歳牡馬クラシック戦線で断然というわけでもないため、絶対視までは禁物と判断すべきである。

一方で、第81回日本ダービーで1番人気に推された皐月賞馬イスラボニータ(蛯名正義)は2着に敗れてしまった。

イスラボニータは、好スタートを切ると3番手から競馬を進めた。
そして、イスラボニータは直線に向いても抜群の手応えで馬なりのまま先頭に立ち、蛯名騎手はギリギリまで追い出しを我慢したが、ワンアンドオンリーの決め手に屈してしまい、2着止まりであった。

イスラボニータの第81回日本ダービーの2着という結果は、枠順の差と早めの先頭で自ら勝ちに行く競馬で、他の出走馬の目標となってしまったことによる差であったため、レース内容としてはワンアンドオンリーと互角である。

すなわち、第81回日本ダービー以降の競馬予想においても、展開や条件次第で、イスラボニータがワンアンドオンリーに先着可能と判断すべきである。

また第81回日本ダービーでは12番人気のマイネルフロスト(松岡正海)が3着に入り、波乱を演出した。

競馬理論の競馬予想では、ウインフルブルームの出走取消とインが有利な馬場状態を考慮し、好位のインでロスのない競馬をすれば能力を最大限に発揮するマイネルフロストを穴馬候補として高い評価を与えていた。

レース中、マイネルフロストは中団のインで脚をため、直線でも最内からジリジリと脚を伸ばし、混戦の3着争いを制した。

マイネルフロストの第81回日本ダービーの3着という結果は、イン有利の馬場において終始ロスのない競馬に恵まれたものであったため、レース内容としては着順ほどの価値はない。

このことを考慮して、今後の重賞戦線の競馬予想においては、マイネルフロストに第81回日本ダービー3着馬ほどの高い評価は不要である。

一方で、第81回日本ダービーで2番人気に推されたトゥザワールド(川田将雅)は5着に敗れてしまった。

トゥザワールドはスタートこそ普通だったが、川田騎手が位置を下げすぎてしまったため、10番手集団の外目からの競馬となった。

そして、トゥザワールドは直線に向くと外からいい脚を使ったが、前も止まらず、5着止まりであった。

トゥザワールドの第81回日本ダービーの5着という結果は、先行馬とコースロスのない競馬をした馬が上位を独占する中で終始外を回らされたため、力負けによるものではない。

つまり、第81回日本ダービー以降の重賞戦線の競馬予想においては、展開や条件次第で、トゥザワールドの巻き返しも可能と判断すべきである。

以上のように、第81回日本ダービーは、横山騎手の好騎乗によりワンアンドオンリーの勝利で幕を閉じた。

しかしながら、第81回日本ダービーはイン有利な馬場が結果に大きな影響を与えたため、2014年のクラシック戦線は依然として混戦状態のままである。

競馬理論のファンの方は、混戦が予想される菊花賞の穴予想もお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>