14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 日本ダービー > オルフェーヴルが道悪を苦にせず圧勝
2011/05/29
予想屋マスター
回顧録

日本ダービー -G1- 東京競馬場/芝2400m 左
条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬 賞金:2億円

2011年日本ダービー オルフェーヴルが道悪を苦にせず圧勝

第78回日本ダービーの結果は不良馬場で混戦が予想されたが、1番人気の皐月賞馬オルフェーヴルの快勝で幕を閉じた。

競馬理論は、第78回日本ダービーの結果は皐月賞を3馬身差で勝利した圧倒的な強さから、 オルフェーヴルを自信の本命に予想した。

また、第78回日本ダービーの結果でオルフェーヴルは、新馬戦での道悪の走りを見る限り、 道悪でも問題ないと判断していた。

レースの結果では、オルフェーヴルは、 中団グループの最後方からレースを進め、 外にフタをされる形で直線に向いた。

更に、オルフェーヴルは、 直線でもナカヤマナイトに内に押し込められる苦しい競馬ながらも、 馬群を割って一気に突き抜けて、第78回日本ダービーの結果を制覇した。

オルフェーヴルの第78回日本ダービーの結果の勝利は、他馬が道悪に苦しんだことにも恵まれたものでもあるが、直線で狭い馬群をこじ開けてのものであり、着差以上の強さであった。

つまり、3歳牡馬では、オルフェーヴルが最強なのは間違いない。 よって、3冠目となる菊花賞においても順調でさえあれば、 オルフェーヴルに本命級の高い評価を与えて当然と競馬理論では判断している。

一方、第78回日本ダービーの結果では、 10番人気のウインバリアシオン(安藤勝)が2着に追い込んだ。

競馬理論は、スローペースを差し切った青葉賞の強い内容から、 皐月賞と別路線組で一番強いのはウインバリアシオンと判断していた。

しかしながら、前日までの先行馬有利の馬場状態を考慮して、 追い込み一手のウインバリアシオンを押さえ評価にとどめてしまった。

レースの結果では、ウインバリアシオンは、 後方集団の先頭を気分良く追走し、直線でスムーズに外に持ち出された。

すると、ウインバリアシオンは、 鋭い脚で一旦はまとめて差しきるかのようにも見えたが、 内からオルフェーヴルに抜けだされてしまい、2着止まりであった。

ウインバリアシオンの第78回日本ダービーの結果の2着は、オルフェーヴルにこそ力負けであったが、後方を気分良く走る展開に恵まれたにせよ、3着以下を7馬身ちぎっており、相手が悪すぎただけである。

よって、今後の中長距離戦線、 ウインバリアシオンにも大いに注目すべきである。

ただし、ウインバリアシオンがオルフェーヴルを逆転するためには、 相当な成長が必要とも競馬理論では判断している。

一方、第78回日本ダービーの結果の3着には、 8番人気のベルシャザール(後藤)が入った。

競馬理論は、スローで先行できそうなベルシャザールにも それなりの高い評価を与えていた。

レースの結果では、ベルシャザールは先行集団のインで折り合いをつけ、 直線ではジリジリとしぶとい脚を見せたが、3着を確保するのが精一杯であった。

ベルシャザールの第78回日本ダービーの結果の3着は、好位のインで折りあわせた後藤騎手の好騎乗によるものであり、上位2頭から7馬身も離されたことを考慮すると、力負けであった。

よって、今後の重賞戦線、 ベルシャザールに日本ダービー3着馬ほどの高い評価は不要である。

ただし、ベルシャザールは先行力があるので、 イン有利な馬場状態や先行馬不在の時には、 評価を上げるべきとも競馬理論では判断している。

一方、4番人気のナカヤマナイト(柴田善)が4着に入った。 ナカヤマナイトは、中団の馬込みの中で待機し、直線では外に持ち出された。

すると、ナカヤマナイトは、 オルフェーヴルを内に押し込めるようにしながら、 一瞬だけだがいい脚を使って伸びてきたので、 まとめて差し切るかのようにも見えたが、 ゴール前で脚が上がってしまい4着に敗れてしまった。

ナカヤマナイトの第78回日本ダービーの結果の4着は、一旦は先頭に立つ見せ場十分の内容ではあったが、最後はオルフェーヴルに9馬身近くも離されてしまった。

ただし、ナカヤマナイトは自ら勝ちに行っての4着であり、 レースの結果内容としては3着のベルシャザールを上回る。 よって、今後の重賞戦線、 ナカヤマナイトがベルシャザールを逆転する可能性は高いと競馬理論では判断している。

以上のように、第78回日本ダービーの結果は、 オルフェーヴルの強さだけが目立つ一戦となった。

よって、夏場を順調に過ごせれば、 オルフェーヴルが3冠馬となる可能性が高い。

競馬理論のファンの方は、 オルフェーヴルの今後の走りにも大いに注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>