14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 日本ダービー > 内田博騎手が悲願のダービー制覇
2010/05/30
予想屋マスター
回顧録

日本ダービー -G1- 東京競馬場/芝2400m 左
条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬 賞金:2億円

2010年日本ダービー 内田博騎手が悲願のダービー制覇

第77回日本ダービーの結果は、ヴィクトワールピサ(岩田)とペルーサ(横山典)の2強対決で注目を集めたが、2強ともに敗れるという波乱の結果となった。

第77回日本ダービーの結果は、その波乱の第77回日本ダービーの結果を制したのは、エイシンフラッシュ(内田博)であった。

レースでは、エイシンフラッシュは、皐月賞馬ヴィクトワールピサをマークするように、中団のインからレースを進めた。

そして、エイシンフラッシュは、直線で外に持ち出されると、馬込みを割るように差し脚を伸ばして、第77回日本ダービーの結果を制覇した。

エイシンフラッシュの第77回日本ダービーの結果の勝利は、超スローペースを上がり32秒8の脚で差し切ったものであり、切れ味勝負となれば3歳世代で一枚上であることを示した。

よって、第77回日本ダービーの結果は、スローペースになることが多い近代競馬では、切れ味抜群のエイシンフラッシュに今後も高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、第77回日本ダービーの結果では、2歳王者のローズキングダムが2着に入った。

ローズキングダムは、エイシンフラッシュと並ぶような位置で競馬を進め、直線に入ると一旦は先頭に立って、勝利を収めたかにも見えたが、ゴール寸前で内からエイシンフラッシュに交わされてしまい、2着に敗れてしまった。

ローズキングダムの第77回日本ダービーの結果の2着は、エイシンフラッシュにこそ差されてしまったものの、3着のヴィクトワールピサを2馬身近く離しており、高い評価に値する。

よって、今後のG1戦線、復調した2歳チャンピオンローズキングダムにも高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、1番人気の皐月賞馬ヴィクトワールピサ(岩田康)は、3着に敗れてしまった。

ヴィクトワールピサは、スローペースを見越して、好位のインからレースを進めたが、直線では思ったほど伸びず、3着が精一杯であった。

ヴィクトワールピサの第77回日本ダービーの結果の3着は、超スローペースで切れ味負けしたものであり、4コーナーで少し仕掛けが遅れる不利を考慮すると、悲観すべき内容ではない。

しかしながら一方で、皐月賞での勝利はコースロスのない競馬をさせた岩田騎手の好騎乗に恵まれたものでもあることが改めて分かり、ヴィクトワールピサは、3歳世代で圧倒的な能力があるわけではない事も示した。

よって、第77回日本ダービーの結果は、今後のG1戦線においても、ヴィクトワールピサには高い評価が必要だが、絶対的な本命馬というわけではないと競馬理論では判断している。

一方、2番人気のペルーサ(横山典)は、出遅れが響き、5着に敗れてしまった。

ペルーサは、スタートで出遅れてしまい、最後方からのレースとなってしまった。

そのため、ペルーサは、勝負どころで外々を回らされてしまったこともあり、直線で伸びを欠き、5着止まりであった。

ペルーサの第77回日本ダービーの結果の5着は、スローペースでは痛恨となる出遅れで終始外を回らされる展開によるものであり、度外視可能である。

よって、秋のG1戦線において、能力的に底を見せていないペルーサの巻き返しがあってもおかしくないと競馬理論では判断している。

一方、第77回日本ダービーの結果は、スローでの単騎逃げの展開での粘り込みを期待したアリゼオ(ウィリアムズ)は13着に敗れてしまった。

第77回日本ダービー、アリゼオは、戦前の予想通り、単騎でハナを切ることができたが、直線では早めに失速してしまい、13着と惨敗してしまった。

アリゼオの第77回日本ダービーの結果の13着は、スローペースにし過ぎて上がりの競馬に持ち込んだことが失敗だったと見ることもできるが、早々と失速してしまったことを考えると、距離が不向きだった上に、体調面も万全でなかった可能性が高い。

よって、今後の重賞戦線、2000m以下の距離で先行馬が少ないメンバー構成のときに、アリゼオに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、史上最強メンバーが揃ったと言われた第77回日本ダービーの結果は、人気馬総崩れの波乱の結果となった。

今年の牡馬クラシック戦線は、抜きん出た能力を秘めている馬がいるわけではないので、展開やレースの条件などで、上位馬の着順は簡単に入れ替わりそうである。

よって、秋の菊花賞も、第77回日本ダービーの結果と同様に波乱の結果となる可能性は低くない。

競馬理論のファンの方は、混戦の牡馬クラシック戦線に今後も注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>