14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 日本ダービー > 第73回日本ダービー(東京優駿)

2006年日本ダービー「第73回日本ダービー(東京優駿)」

2006/05/28 UP
by 予想屋マスター
回顧録

日本ダービー -G1- 東京競馬場/芝2400m 左
条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬 賞金:2億円

混戦が予想されていたダービーであるが、結果的には、皐月賞馬メイショウサムソン(石橋守)が一番人気に応えて快勝した。競馬理論は、第73回日本ダービーの結果をほぼ完璧な予想で的中させた。

皆様から、多数のお礼の電話・メールを頂き本当に感謝しています。本当にありがとうございました。競馬理論は、最終的にはメイショウサムソンを本命にしたが、金曜日までの段階ではマルカシェンク(福永祐一)を本命にする予定であった。

また、人気のアドマイヤムーン(武豊)及びフサイチジャンク(岩田)にも高い評価を与えるつもりであった。しかし、土曜日のレースを分析すると、外を回った馬がことごとく凡走していた。

そこで、競馬理論は、急遽、メイショウサムソンを本命に予想し、マルカシェンク等の追い込み馬の評価を下げた。更に、逃げ馬が止まらない馬場状態を考慮して、連下候補の一頭に過ぎないと判断していたアドマイヤメインの評価を上昇させた。

このような紆余曲折があって、競馬理論の結果は、ダービーを本線で的中させることができた。第73回日本ダービーの結果は、競馬は、各馬の能力を比較できるだけでは的中できず、すべての要素を分析してこそ的中に近づくことができるのである。

特に、雨が降った東京競馬場では、各馬の能力よりも、コース取りが最も重要になることを忘れないで欲しい。それでは、第73回ダービーのレース内容を振り返る。メイショウサムソンが、去年のディープインパクトに続く二冠馬となった。

メイショウサムソンは、スタートを切ると、好位の5番手を確保した。レースが思ったよりもスローに流れたことによって、2コーナーまではメイショウサムソンが折り合いを欠くそぶりをみせたが、前に壁を作ったことによってすぐに落ち着いた。

そして、第73回日本ダービーの結果は、淡々とレースが流れ、メイショウサムソンは、3コーナーあたりから外に持ち出し、手応え抜群のまま直線に向かった。

第73回日本ダービーの結果は、メイショウサムソンは、逃げたアドマイヤメインを残り200mで捕らえて、ダービー馬の栄冠を獲得した。メイショウサムソンは、非常に競馬が上手な馬であり、スローペース症候群といわれている現在の競馬には非常に適している。

メイショウサムソンは、スタミナにも不安がないので、秋の菊花賞で3冠制覇も夢ではないと競馬理論は判断している。2着にはアドマイヤメイン(柴田善)が粘り込んだ。アドマイヤメインは、2番手が競りかけてくることもない楽なペースで逃げたが、メイショウサムソンに差されて2着に敗れた。

アドマイヤメインは、雨が降ったイン有利の東京の馬場に助けられた点は否めないが、2400mを逃げ粘った点は立派である。ダービーを見ると、アドマイヤメインは、現時点では、メイショウサムソンと着差以上の力差があることは否めない。

しかし、第73回日本ダービーの結果は、アドマイヤメインは、血統的に成長が見込めるので、成長力次第では秋の菊花賞でも好勝負できるハズである。

また、第73回日本ダービーの結果で、アドマイヤメインは、逃げる競馬を繰り返していれば、展開に恵まれてG1を制する日が来る可能性が高いと競馬理論の結果では考えている。3着には、皐月賞2着馬のドリームパスポート(四位)が外から唯一差してきた。

ドリームパスポートは、外枠ということもあり、終始外を回らされてしまった。雨が降った東京競馬場の芝コースでは、ドリームパスポートのようなコース取りをした殆どの馬がまったく競馬にならなっていない。

それにも関わらず、ドリームパスポートは、豪快な伸び脚を見せて3着に追い込んだ。第73回日本ダービーの結果で、ドリームパスポートのダービーの内容は、勝ったメイショウサムソン以上であると、競馬理論は判断している。

このことから、ドリームパスポートが今後のG1路線で上位を賑わす可能性が極めて高いと競馬理論では判断している。4着には、マルカシェンク(福永祐一)がインから追い込んだ。

第73回日本ダービーの結果で、マルカシェンクは、直線で前が詰まる不利がなければ、もう少し差のない競馬をできたはずである。しかし、マルカシェンクは、終始インを走らせた福永騎手の好騎乗に恵まれた結果と判断することもできる。

よって第73回日本ダービーの結果、マルカシェンクにとっては、休み明け3戦目になる次走が試金石の一戦になると競馬理論では判断している。人気のアドマイヤムーン及びフサイチジャンクは、外を回ったことによって、能力を発揮できなかった。

この2頭の能力の高さは疑う余地がないので、次走以降の建て直しに期待したい。ダービーの結果から、展開と馬場状態がいかに重要であるかが競馬理論のファンの皆様にも分かっていただけたと思う。

競馬理論は、今後も、正しい競馬の見方をファンの皆様に提供できればと考えている。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください