14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > ジャパンカップダート

ジャパンカップダートの最新情報(2020年)

第10回ジャパンカップダート
第10回ジャパンカップダート
第10回ジャパンカップダートは、エスポワールシチーのJRA・G1初制覇で幕を閉じた。 レース結果では、エスポワールシチーは、好スタートを切ると、1コーナーで外からティズウェイ(マラージ)に並びかけられても1枠を生かして、 […]
2009/12/05 / 回顧録
第9回ジャパンカップダート
第9回ジャパンカップダート
第9回ジャパンカップダートは、断然人気のヴァーミリアン(岩田)が敗れ、カネヒキリ(ルメール)の勝利という結果で幕を閉じた。 第9回ジャパンカップダートの競馬理論の結果は、カネヒキリの圧倒的な能力に高い評価を与えていたが、 […]
2008/12/07 / 回顧録
第7回ジャパンカップダート
第7回ジャパンカップダート
第7回ジャパンカップダートは、新星アロンダイト(後藤浩樹)の破竹の5連勝で幕を閉じた。アロンダイトは、中団のインからレース結果を進め、3?4コーナで一瞬手応えが怪しくなった。 しかし、アロンダイトは、直線でも経済コースの […]
2006/11/25 / 回顧録
第6回ジャパンカップダート
第6回ジャパンカップダート
ジャパンカップダートは、一番人気のカネヒキリ(武豊)が勝利を収めた。しかし、2着及び3着に人気薄の森厩舎の2頭が飛び込み、3連単37万馬券という波乱の結果となった。 カネヒキリは、前走の武蔵野ステークスでダート初黒星を喫 […]
2005/11/26 / 回顧録
第5回ジャパンカップダート
第5回ジャパンカップダート
ジャパンカップダートで勝ったタイムパラドックスは、結果、武豊の見事な騎乗に尽きる。結果、武は、アドマイヤドンに目標を絞り、負かすにはあれしかない騎乗をした。ジャパンカップダートでタイムパラドックスも、距離が向いたことから […]
2004/11/28 / 回顧録