14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > ジャパンカップ > 第29回ジャパンカップ(JC)

2009年ジャパンカップ「第29回ジャパンカップ(JC)」

2009/11/29 UP
by 予想屋マスター
回顧録

ジャパンカップ -G1- 東京競馬場/ 芝2400m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3億円

第29回ジャパンカップは、ウオッカとオウケンブルースリの歴史的な激戦となったが、写真判定の末に、ウオッカに軍配が上がった。 第29回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は、特集記事でも述べたが、天皇賞の敗戦は力負けではないと判断して、ウオッカに高い評価を与えていた。

レース結果では、ウオッカは、4~5番手から競馬を進め、4コーナーで一旦控えて位置取りを下げた。

しかしながら、ウオッカは、直線に向いて馬なりで先頭に立つと、オウケンブルースリの猛追をギリギリ退けて、第29回ジャパンカップを制覇した。

ウオッカの第29回ジャパンカップの勝利は、早め先頭で押し切る横綱競馬でのものであり、非常に価値のある内容であった。

このことから、鼻出血で有馬記念に出走できずにこのまま引退する可能性が高いウオッカが実力的に歴史的な名牝であったことは間違いない。

一方、第29回ジャパンカップの2着には、オウケンブルースリが飛び込んだ。

第29回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は、直線で不利があった天皇賞・秋を度外視できると判断して、オウケンブルースリにも高い評価を与えていた。

レース結果では、オウケンブルースリは、最後方から競馬を進め、直線で大外に持ち出されると、一完歩ずつウオッカとの差を詰めて、ゴール前では差し切ったようにも見えたが、ハナ差だけ届かずの2着に敗れてしまった。

オウケンブルースリの第29回ジャパンカップの2着は、ウオッカに敗れはしたものの、完全に差し切るかの勢いで追い込んだものであり、レース結果の内容的には互角以上である。

よって、ウオッカが不在となる今後のG1戦線、オウケンブルースリが有力候補の一頭になることは間違いない。

ただし、オウケンブルースリは、追い込み一手の脚質なので、イン有利の馬場状態の時や先行馬が少ないときには過信は禁物と第29回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果では判断している。

一方、第29回ジャパンカップの3着には、レッドディザイアが入った。

レッドディザイアは、中段の内目から競馬を進めて、直線でも馬込みを割って伸びてきたが、3着が精一杯であった。

レッドディザイアの第29回ジャパンカップの3着は、直線で少し前がせまくなる不利があったものの、現時点では上位2頭に力負けという内容であった。

しかしながら、レッドディザイアが3歳牝馬ということを考慮すれば、素晴らしいパフォーマンスである。

よって、今後の牝馬のG1戦線は、ブエナビスタとレッドディザイアの3歳牝馬2頭が中心になる。

更に、レッドディザイアの第29回ジャパンカップの走りから、この3歳牝馬2頭は、古馬の一線級相手のG1でも通用する可能性が高いと第29回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果では判断している。

一方、ブリーダーズカップターフ2勝を含めてG1を4勝している実績馬コンデュイットは、4着に敗れてしまった。

第29回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は、コンデュイットの圧倒的な実績を評価して、本命評価としてしまった。

レース結果では、コンデュイットは、出遅れ気味のスタートということもあり、後方の馬込みの中からレース結果を進めた。

そして、コンデュイットは、直線で前が開いて追い出されたものの、思ったほど伸びず、4着止まりであった。

コンデュイットの第29回ジャパンカップの4着は、体調など様々な原因が考えられるが、一つは日本の競馬のレベルの高さを示すものだろう。

よって、来年以降のジャパンカップも、日本馬を中心に予想を組み立てるべきと第29回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第29回ジャパンカップは、ウオッカの歴史的な勝利で幕を閉じた。

ウオッカは、このまま引退となる可能性が高いが、記録的にも記憶的にも歴史に残る名牝であった。

今後は、ウオッカの子供たちの走りに期待したい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください