14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > ジャパンカップ > 第25回ジャパンカップ(JC)
2005/11/27
予想屋マスター
回顧録

ジャパンカップ -G1- 東京競馬場/ 芝2400m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3億円

2005年ジャパンカップ 第25回ジャパンカップ(JC)

今年のジャパンカップは、豪華な外国馬を迎えて行われた。外国馬の比較は非常に難しいレース結果であり、馬券的には手を出すレース結果でないが、一つの競馬の祭典として面白いレース結果だった。

今年のジャパンカップの一つのポイントは、芝の馬場状態であったと第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は判断している。

東京競馬場の芝は、BコースからCコースに先週から変更されている。

このコース変更の影響により、芝は、インが少し有利になっていた。

また、レコード結果ともなれば、無駄な距離を走った馬には、辛いレース結果となってしまった。

今年のレベルの高いジャパンカップを制したのは、アルカセット(デットーリ)であった。

アルカセットは、日本の馬場向きということが評価されたのか、3番人気になっていた。

アルカセットは、スタートで出遅れたが、1コーナでインに潜り込んだ。

インを走らせるのは、クマーニ調教師の指示だそうだが、クマーニ調教師は、インが有利の馬場を把握していたのであろうか?それとも、たまたまだろうか?

どちらにしろ、クマーニ調教師のこの指示が、アルカセットを勝利に導いたといっても過言ではない。

その後、アルカセットは、4コーナまで、後方のインを追走した。

そして、アルカセットは、デザーモ騎手に導かれ、馬込みに突っ込んでいったが、前が開いたところを抜け出した。

そして、アルカセットは、外から並びかけてきたゼンノロブロイを突き放し、ハーツクライの追い込みも凌ぎ切った。

アルカセットは、出遅れをものともしない勝利で、能力の高さを見せつけた。

アルカセットの次走は、香港の予定だそうだが、そこでも好走する可能性が高いと第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は判断している。

2着には、ハーツクライ(ルメール)が追い込んだ。

ハーツクライは、横山典弘騎手でしか持ち味を発揮できないと判断していたので、第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果はハーツクライを軽視していた。

つまり、ハーツクライは、道中、馬が周りにいないシンガリを1頭で追走したときだけ能力を発揮するからだ。

ルメール騎手は、名手が故に、ある程度の位置につける競馬をしてしまうと考えていた。

しかし、今年のジャパンカップは、タップダンスシチー(佐藤哲三)とストーミーカフェ(四位弘文)とが競り合ったので、ハイペースになった。

そのため、ハーツクライは、横山典弘騎手が騎乗するように、馬込みから離れた後方を進むことができた。

そして、ハーツクライは、直線でも無駄な距離を走らないようにインを突く最高の競馬をして、アルカセットの2着に追い込んだ。

ハーツクライは、能力は高いが、追い込み一手の脚質なので、展開に左右される。

今後も、ハーツクライは、ハイペースになりそうな時には、重視する必要があると第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は判断している。

一方、ハーツクライは、ジャパンカップの好走で次走以降過剰に人気になるようであれば、軽視すべきと第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は考えている。

3着は、ゼンノロブロイ(デザーモ)であった。

ゼンノロブロイは、終始外を回る横綱競馬で、勝利を狙った。

しかし、レコード結果の展開では、ゼンノロブロイは、ゴール前で脚が鈍ってしまい、3着に敗れた。

ゼンノロブロイは、3着に破れはしたが、内容的には上位2頭を上回っている。

ジャパンカップからも、ゼンノロブロイが、古馬最強であることを実証した。

ゼンノロブロイは、古馬の大将格として、無敗の三冠馬ディープインパクトに立ち向かう。

インが有利な馬場で行われる可能性が高い有馬記念では、ゼンノロブロイが、ディープインパクトに先着する可能性が高いと第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は考えている。

他に注目すべきレースをしたのは、サンライズペガサス(蛯名正義)である。

サンライズペガサスは、道中、ゼンノロブロイの直後の外を追走し、5着に追い込んだ。

つまり、日本馬では、サンライズペガサスが、ゼンノロブロイの次に好内容のレース結果を見せた。

よって、サンライズペガサスは、展開次第で、有馬記念の最大の惑星になりうると第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は判断している。

ジャパンカップは、毎年述べるように、馬券で儲けるという意味では、馬券を買ってはいけないレース結果である。

しかし、今年のジャパンカップは、馬券を度外視しても、好メンバーが揃った面白いレース結果であった。

その中で、ゼンノロブロイは、敗れはしたものの最高のレース結果の内容を見せており、今の日本馬のレベルの高さを証明したと第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果は判断している。

いよいよ有馬記念では、ゼンノロブロイとディープインパクトとの対戦が見られる。

第25回ジャパンカップ(JC)の競馬理論の結果も、馬券を度外視して、一人の競馬ファンとして有馬記念を楽しみにしている。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>