15年連続プラス収支、勝ち続けることが信頼の証
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 今週のレース予想 > アイビスSD > フォーエバーマークが去年の雪辱を果たせるか?

【2014年 アイビスSD】フォーエバーマークが去年の雪辱を果たせるか?

2014/07/31
予想屋マスター

出走日:2014年08月03日(日)
アイビスSD -G3- 新潟競馬場/直線芝1000m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3800万

今週のメインレースは、第14回アイビスサマーダッシュである。

第14回アイビスサマーダッシュは、直線競馬において唯一の重賞レースということもあり、適性の差が結果に大きな影響を与えそうである。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第14回アイビスサマーダッシュに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

函館スプリントステークス組からは、4着のセイコーライコウ(柴田善臣)、5着のフォーエバーマーク(村田一誠)および6着のアースソニック(岩田康誠)が第14回アイビスサマーダッシュに出走する。

函館スプリントステークスにおけるセイコーライコウの4着という結果は、イン有利の馬場において終始、外を回らされたが、レース内容としては一番強かったといえる。

つまり、第14回アイビスサマーダッシュの競馬予想においては、2走前のレースで直線競馬への適性の高さも示したセイコーライコウに本命級の高い評価を与えて当然である。

一方で、函館スプリントステークスにおけるフォーエバーマークの5着という結果は、差し馬が上位を独占する厳しいレース展開によって潰れてしまったためである。

すなわち、第14回アイビスサマーダッシュの競馬予想においては、去年のこのレースで2着馬となっており、また直線競馬でスピードを生かせるフォーエバーマークにも高い評価を与えて当然である。

一方で、函館スプリントステークスにおけるアースソニックの6着という結果は、セイコーライコウと同様に終始、外を回らされたため、着順以外の評価が必要である。

このことから、第14回アイビスサマーダッシュの競馬予想においては、アースソニックにも相当の高い評価が必要である。

そして、バーデンバーデンカップ組からは、2着のバーバラ(戸崎圭太)、3着のアンバルブライベン(田中健)、5着のフクノドリーム、7着のブルーデジャブ、8着のデュアルスウォードおよび10着のサウンドリアーナが第14回アイビスサマーダッシュに出走する。

バーデンバーデンカップにおけるバーバラの2着という結果は、レース展開がハマったマヤノリュウジンには差し切られてしまったが、きっちりと2着を確保したことは立派であるといえる。

つまり、第14回アイビスサマーダッシュの競馬予想においては、直線競馬への適性次第でバーバラも好走可能と判断すべきである。

また、アンバルブライベンおよびフクノドリームのバーデンバーデンカップでの敗戦は、最初の3ハロンが33秒2という厳しいラップタイムでも先行するスピードを見せており、敗れはしたものの、直線競馬への適性が高そうである。

その点を考慮して、第14回アイビスサマーダッシュの競馬予想においては、アンバルブライベンおよびフクノドリームにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

一方で、ブルーデジャブ、デュアルスウォードおよびサウンドリアーナは、バーデンバーデンカップにおいて見所のないレース内容を見る限りでは、第14回アイビスサマーダッシュの競馬予想において高い評価は不要である。

そして、シルクロードステークス組からは、3着のリトルゲルダ(柴田大知)が第14回アイビスサマーダッシュに出走する。

リトルゲルダのシルクロードステークスの3着という結果は、 イン有利の馬場状態でロスのないコース取りに恵まれたが、4着以下を2馬身半も離したことは立派である。
つまり、第14回アイビスサマーダッシュの競馬予想においては、去年のこのレースでの3着の実績を考慮すると、休み明けのリトルゲルダにも押さえ程度の評価は与えるべきである。
以上のように、競馬理論の競馬予想では、第14回アイビスサマーダッシュに出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などを加味して、第14回アイビスサマーダッシュの最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第14回アイビスサマーダッシュの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>