14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > アイビスSD > 上がり馬エーシンヴァーゴウが3連勝で重賞制覇
2011/07/17
予想屋マスター
回顧録

アイビスSD -G3- 新潟競馬場/直線芝1000m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3800万

2011年アイビスSD 上がり馬エーシンヴァーゴウが3連勝で重賞制覇

サマースプリントシリーズ第2戦の第11回アイビスサマーダッシュは、重賞初挑戦のエーシンヴァーゴウ(福永祐一)が1番人気に応えて快勝する結果となった。

アイビスサマーダッシュ出走前に競馬理論はルミエールステークスの勝ちっぷりから、直線1000m競馬の適性の高さに高い評価を与えつつも、メンバー強敵の割に人気になり過ぎと判断し、エーシンヴァーゴウに本命評価を結果的に与えられなかった。

アイビスサマーダッシュのレース結果を見る限り、エーシンヴァーゴウは好スタートを切ったが無理をせず、先行集団を見る形でレースを進めた。そして、エーシンヴァーゴウは、残り100mのところでエーブダッチマンを内から一気に抜き去って、 第11回アイビスサマーダッシュを制覇した。

エーシンヴァーゴウの第11回アイビスサマーダッシュの勝利という結果は、2着のエーブダッチマンに2馬身近い差をつけており、スピードの違いを見せつけた。

しかしながら、第11回アイビスサマーダッシュは準オープン特別に毛が生えた程度の弱いメンバー構成であったことも確かな上に、過去のレースを見る限り、エーシンヴァーゴウにとっては200mの距離延長がマイナスに働くことはあってもプラスに働くことはない。

よって、アイビスサマーダッシュのレース結果を考慮すると今後のサマースプリントシリーズ、上がり馬の勢いを評価しつつも、第11回アイビスサマーダッシュの快勝だけで、エーシンヴァーゴウを過信すべきでないと競馬理論では判断している。

一方、アイビスサマーダッシュの2着には5番人気のエーブダッチマン(石橋脩)が粘り込んだ。競馬理論は、ハイペースを2番手追走で粘り込んだ、バーデンバーデンカップのレース内容から、直線1000m競馬の適性も高そうなエーブダッチマンにもそれなりの高い評価を与えていた。

レース結果ではエーブダッチマンは、始先頭争いに加わり、残り1ハロンで単独先頭に立って粘りこみを図ったが、内からエーシンヴァーゴウにあっと言う間に交わされてしまい、2着止まりであった。

エーブダッチマンの第11回アイビスサマーダッシュの2着という結果は、終始先頭争いと自ら勝ちに行く競馬によるものであり、内容としては悪くないが、エーシンヴァーゴウと同様に弱いメンバー構成に恵まれた感が強いのも確かである。

よって、今後のサマースプリントシリーズエーブダッチマンについても過大評価すべきでないと競馬理論では判断している。

一方、アポロフェニックス(柴田善)、シャウトライン(中舘)及びジェイケイセラヴィ(江田照)の3頭の古豪が掲示板を確保した。

アポロフェニックス、シャウトライン及びジェイケイセラヴィは、最近の重賞でこそ力不足を露呈していたが、準オープン特別に毛が生えた程度のこのメンバーならば掲示板程度は走って当然である。

その一方で、ピークを過ぎたこの3頭でも結果的に掲示板を確保できたことが、第11回アイビスサマーダッシュのレベルの低さを象徴している。

よって、レース結果を見る限り、今後の短距離戦線第11回アイビスサマーダッシュの出走メンバー自体に高い評価を与えるべきでないと競馬理論では判断している。

以上のように、第11回アイビスサマーダッシュは1番人気のエーシンヴァーゴウの快勝という結果で幕を閉じた。

競馬理論のファンの方は、今後のレースにおいて、3連勝中のエーシンヴァーゴウの勢いに注目しつつも、相手に恵まれた可能性の高いエーシンヴァーゴウを軽視して穴馬券を狙って頂きたい。アイビスサマーダッシュに続き、今後の私の予想結果をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>