14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > アイビスSD > ケイティラブが1000m巧者の意地を見せる

2010年アイビスSD「ケイティラブが1000m巧者の意地を見せる」

2010/07/18 UP
by 予想屋マスター
回顧録

アイビスSD -G3- 新潟競馬場/直線芝1000m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3800万

今週はアイビスサマーダッシュの競馬予想をしてみたい。サマースプリントシリーズの第10回アイビスサマーダッシュは、3連覇を狙ったカノヤザクラが馬群に沈み、人気薄のケイティラブの勝利という結果で幕を閉じた。

アイビスサマーダッシュの競馬理論としては5戦3勝と新潟の直線1000m巧者であることを評価しつつも、準オープンでも逃げ粘れない格下感を考慮して、ケイティラブを軽視してしまった。

レース結果は、ケイティラブは抜群のスタートから先頭を奪い、そのまま後続を振りきって、第10回アイビスサマーダッシュを制覇した。

ケイティラブの第10回アイビスサマーダッシュの勝利は、直線1000mの適性の高さによるものだが、オープン特別に毛が生えた程度の低調なメンバーに恵まれたことも確かである。

よって、今後のスプリント戦線において、直線1000mにしか良績のないケイティラブが好走する可能性は極めて低いと競馬理論では判断している。

一方、第10回アイビスサマーダッシュの2着には3番人気のジェイケイセラヴィ(江田照)が入る結果となった。

アイビスサマーダッシュでジェイケイセラヴィは好スタートからケイティラブを見るように2番手を追走し、残り200m位からケイティラブとの差を一完歩ずつ詰めたが、3/4馬身差だけ届かず、2着に敗れる結果となった。

ジェイケイセラヴィの第10回アイビスサマーダッシュの2着は、準オープンでも通用しなかったケイティラブが勝利を収めるような低調なメンバー構成に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。よって、今後のスプリント戦線において、結果を見る限りケイティラブと同様にジェイケイセラヴィにも高い評価を与えるべきではない。

ただし、1200mの距離になればジェイケイセラヴィがケイティラブを逆転する可能性が高いとも競馬理論では判断している。一方、3連覇を狙ったカノヤザクラは馬体に故障を発生してしまい、10着に敗れる結果となった。

夏のスプリント戦線を引っ張ってきたカノヤザクラの安楽死処分は非常に残念である。ご冥福をお祈り致します。以上のように、第10回アイビスサマーダッシュは、1000mのスペシャリストのケイティラブの勝利という結果で幕を閉じた。

第10回アイビスサマーダッシュは直線1000mという非常に特殊な条件と弱いメンバー構成によって行われたので、 今後のスプリント戦線の参考にはならないと競馬理論では結果的に判断している。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください