14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 平安ステークス > 第12回平安ステークス
2005/01/23
予想屋マスター
回顧録

平安ステークス -G3- 京都競馬場/ダート1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:3500万円

2005年平安ステークス 第12回平安ステークス

平安ステークスの結果は、断然人気のジンクライシスが3着に敗れる波乱となった。これは、ジンクライシスの、能力が問題なのではなく、極端にインが有利な京都のダート状態によるものであるといえる。勝ったヒシアトラス(福永祐一)は、4コーナで8?10番手のインで開くのを待っていた。そして結果、ヒシアトラスは、直線でインが開くと、凄い脚で抜け出して、3馬身差の楽勝だった。今回のレースは、ヒシアトラス自身の充実っぷりもあるが結果、無駄な距離を走らせなかった福永祐一の好騎乗と、内枠に助けられた。

ヒシアトラスは、次走がフェブラリーステークスになると思われるが、ジンクライシスより能力が上とこのレースで決めるのは早計である。2着はブラックコンドル(赤木)であった。ブラックコンドルは、赤木が好スタートを決めて、クーカイ(吉田稔)及びローエングリーン(安藤克己)の直後の3番手のインを確保した。ブラックコンドルのこの位置は結果、今のイン有利の京都で最高の位置取りである。そして、ブラックコンドルは、4コーナで前が開くと、いい伸び脚をみせて、ジンクライシスを抑えて、2着になった。ブラックコンドルは、ダートで3着以下を外したことがない能力を持っており、この好走は想像できた。しかし、ブラックコンドルの平安ステークスの結果は展開に恵まれての成績であり、この実績で次走以降人気になるようであれば、過信は禁物である。

ジンクライシスは3着に敗れた。ジンクライシスは、スタートが悪く、位置が後方になった。また、ジンクライシスは、外枠ということもあり、終始外を回らされて、今の京都のダートの影響を最も受けてしまった。ジンクライシスは、このような影響を受けながら、3着を確保したことで能力の高さを示した。つまり、ジンクライシスは、今回の敗戦があろうとも、次走のフェブラリーステークスで、主力となることは疑いがない。

この平安ステークスの結果は、京都の馬場が影響しての結果であったといえる。毎年、平安ステークスの結果は、このような結果になることが多いことを頭に入れておきたい。例えば、2年連続でのスマートボーイの逃げ切りや、2年連続でのクーリンガーの2着からも証明されている。あり、自己条件なら確勝級である。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>