14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 阪神JF > ハープスターは3連勝でのG1制覇なるか?
2013/12/06
予想屋マスター

出走日:2013年12月08日(日)
阪神JF -G1- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牝馬 賞金:6500万円

2013年阪神JF ハープスターは3連勝でのG1制覇なるか?

今週のメインレースは、第65回阪神ジュベナイルフィリーズである。

第65回阪神ジュベナイルフィリーズは、初対戦となる馬も多く2歳牝馬限定の重賞ということもあり、混戦が予想される。そこで、競馬理論の競馬予想では、第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ファンタジーステークス組からは、2着のモズハツコイ(バルザローナ)、6着のグランシェリー(浜中俊)、7着のタイセイララバイ、12着のメイショウアサツユ(池添謙一)及び18着のスイートガーデンが第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する。

モズハツコイのファンタジーステークスの2着という結果は、最内ではないものの極力ロスのない競馬をさせたバルザローナ騎手の好騎乗に恵まれたものである。

よって、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想においては、メンバー強化をも考慮すると、モズハツコイに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

一方、グランシェリー、タイセイララバイ、メイショウアサツユ及びスイートガーデンは、ファンタジーステークスの見所のないレース内容を見る限り、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想において高い評価は不要である。

一方、モズハツコイが6着に敗れたデイリー杯2歳ステークス組からは、1着のホウライアキコ(和田竜二)が第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する。

ホウライアキコのデイリー杯2歳ステークスの勝利という結果は、前が止まりにくい馬場で先行したものだとしても、牡馬相手に強い内容であった。

よって、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想においては、3戦3勝で底を見せていないホウライアキコに高い評価を与えるべきである。特に、第65回阪神ジュベナイルフィリーズがイン有利の馬場や前が止まらない馬場で行われる場合には、先行力のあるホウライアキコの評価を更にあげるべきである。

一方、アルテミスステークス組からは、1着のマーブルカテドラル(田辺裕信)、
7着のクリスマス(ミルコ・デムーロ)及び8着のマイネグラティアが第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する。

マーブルカテドラルのアルテミスステークスの勝利という結果は、直線で追いづらくなる場面があってのものであり、着差以上に強い内容であった。

よって、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想においては、マーブルカテドラルにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、クリスマス及びマイネグラティアは、アルテミスステークスの見所のないレース内容を見る限り、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想において高い評価は不要である。ただし、クリスマスは、函館2歳ステークスでスピードの違いを見せつけているので、前残りの馬場で楽に先行できるようであれば粘り込みに注意を払うべきである。

一方、マーブルカテドラルが5着に敗れた新潟2歳ステークス組からは、1着のハープスター(川田将雅)が第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する。ハープスターの新潟2歳ステークスの勝利という結果は、1頭だけ次元の違う上がり32秒5の脚で3馬身もの差をつけており、力の違いを見せつけた。

また、新潟2歳ステークスは、2着のイスラボニータが後にいちょうステークス及び東京スポーツ杯2歳ステークスを連勝しているように、かなり高レベルな一戦であった。

よって、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想においては、ハープスターに本命級の高い評価を与えて当然である。ただし、ハープスターは追い込み一手の脚質なので極端にインが有利な馬場となった場合には脚を余す可能性をも考慮すべきである。

一方、札幌2歳ステークス組からは、1着のレッドリヴェール(ルメール)が第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する。

レッドリヴェールの札幌2歳ステークスの勝利という結果は、4回函館の外が全く伸びない馬場で1枠を生かしてロスのない競馬をしてのものであり、レース内容としての価値は高くない。

よって、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想においては、2戦2勝と底を見せていない未知の魅力を考慮しても、レッドリヴェールに押さえ程度の評価を与えれば十分と判断している。

一方、白菊賞組からは、1着のレーヴデトワールが第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する。

レーヴデトワールの白菊賞の勝利という結果は、インが有利な馬場ながらも大外からまとめて差し切っており、クビの着差以上に強い内容であった。

よって、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想においては、レーヴデトワールにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、きんもくせい特別組からは1着のマジックタイム(後藤浩輝)が第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する。マジックタイムのきんもくせい特別の勝利という結果は、弱いメンバーに恵まれたものではあるが、超スローを差し切ってのものであり着差以上に強い内容であった。

よって、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、マジックタイムの差し脚が生きると判断すべきである。

一方、サフラン賞組からは、1着のフォーエバーモア(蛯名正義)が第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する

フォーエバーモアのサフラン賞の勝利という結果は、 1枠ながらも早めに外に持ち出して差し切りを収めており、力の違いを見せつけた。

よって、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想においては、急激なメンバー強化を考慮しても、能力的に底を見せていないフォーエバーモアにそれなりの評価を与えるべきである

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第65回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態を加味して、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第65回阪神ジュベナイルフィリーズの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>