14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 阪神JF > フルゲート18頭に対して35頭のエントリーで波乱必至?
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
阪神JF -G1- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牝馬 賞金:6500万円

2012年阪神JF フルゲート18頭に対して35頭のエントリーで波乱必至?

今週のメインレースは、2歳女王決定戦の第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)である。

第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)は、初対戦となる馬が多く、難解な一戦である。そこで、第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想は、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ステップレースのファンタジーステークス(2011年)組からは、1着のアイムユアーズ(メンディ)、2着のアンチュラス(川田)、3着のファインチョイス(岩田康)、5着のニコールバローズ(北村友)、7着のエイシンキンチェム(和田)、10着のレディーメグネイト(飯田)及び11着のヒーラ(四位)が第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する。

アイムユアーズのファンタジーステークスの勝利は、外を回ってまとめてさしきったものであり、2着のアンチュラスに1馬身以上の差をつけていることをも考慮すると、強い内容であった。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)においても、アイムユアーズに高い評価を与えて当然と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アンチュラスのファンタジーステークス(2011年)の2着は、イン有利の馬場ではないにせよ、インの3番手でコースロスのない競馬によるものであり、レース内容としては着順ほどの評価は不要である。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、アンチュラスにファンタジーステークス2着ほどの高い評価は不要と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ファインチョイスのファンタジーステークス(2011年)の3着は、出遅れた上に折り合いを欠いてしまったものであり、度外視可能である。

また、ファンチョイスは、函館2歳ステークスにおいて、アイムユアーズを破っているように、能力的にはアイムユアーズと差がない。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、ファインチョイスにアイムユアーズと互角の評価を与えるべきと第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ニコールバローズ、エイシンキンチェム、レディーメグネイト及びヒーラは、ファンタジーステークスの見所のないレース内容を見る限り、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)で通用する可能性は低い。

ただし、エイシンキンチェムは、休み明けであったファンタジーステークスを度外視すれば、ダリア賞勝ちの実績が光る。

ダリア賞で破ったレオアクティブが京王杯2歳ステークスを制していることを考慮すると、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)において、エイシンキンチェムがダリア賞の内容だけ走れば一変もあり得ると第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、小倉2歳ステークス組(2011年)からは、1着のエピセアローム(浜中)が第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する。

エピセアロームの小倉2歳ステークスの勝利は、出遅れたにも関わらず2着のマコトリヴァーサルに1馬身以上の差をつける快勝であった。

また、エピセアロームは、デビュー戦で2着に敗れはしたものの、クビ差のダローネガがデイリー杯2歳ステークス(2011年)の2着馬であることを考慮すると、デビュー戦の2着も高い評価に値する。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、エピセアロームにもかなり高い評価を与えて当然と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、すずらん賞(2011年)組からは、1着のアラフネ(吉田隼人)が第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する。

アラフネは、2戦2勝と未知の魅力があるが、いきなりの400mの距離延長は心配である。

また、すずらん賞の2着馬のジャーエスペランサは次走の500万下特別で10着に敗れていることから、弱いメンバー構成に恵まれた感も否めない。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、未知の魅力を評価しつつも、アラフネには押さえ程度の評価を与えれば十分と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、芙蓉ステークス(2011年)組からは、1着のサウンドオブハート(武豊)が第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する。

サウンドオブハートの芙蓉ステークス(2011年)の勝利は、外枠が不利な中山1600mで内枠の馬が2~5着を独占する中で外を回って楽勝したものであり、レース内容としても圧倒的だった。

芙蓉ステークスで外を回らされて7着に敗れたレオアクティブが後に京王杯2歳ステークスを制していることからも、サウンドオブハートの強さが分かる。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、能力的に底を見せていないサウンドオブハートに本命級の高い評価を与えて当然と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、白菊賞組(2011年)からは、1着のラシンティランテ(藤岡佑)、3着のグインネヴィア、4着のシャンボールフィズ、6着のキャトルフィーユ及び7着のスタリアが第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する。

ラシンティランテの白菊賞の勝利は、3馬身半の着差だけを見れば圧勝だが、外が伸びない馬場で最内を突いてのものであり、着差ほどの圧倒的な力を秘めているわけではない。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、ラシンティランテに白菊賞の勝ちっぷりほどの高い評価は不要と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、グインネヴィア、シャンボールフィズ、キャトルフィーユ及びスタリアは、白菊賞よりも更にメンバーの強化する第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)厳しい競馬になる可能性が高い。

一方、赤松賞組(2011年)からは、1着のトーセンベニザクラ(藤田伸二)、3着のトランドネージュが第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する。

トーセンベニザクラの赤松賞の勝利は、牝馬限定の弱いメンバー構成とラチ沿いで脚をためる展開に恵まれたものである。

また、トーセンベニザクラは、キャリア6戦ということで、上がり目も少ない。よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、トーセンベニザクラに高い評価は不要と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、トランドネージュの赤松賞(2011年)の3着は、早仕掛けであったことを考慮すると、悲観すべき内容ではないが、ペース自体はそんなに速くもなかった。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、トランドネージュにも高い評価は不要と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組では、アナスタシアブルー、ヴィルシーナ(小牧)及びジョワドヴィーヴル(福永祐一)が第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する。

アナンスタシアブルーは、萩ステークスにおいてゴール前で不利を受け4着に敗れてしまったが、不利がなくても勝てる競馬ではなかった。

また、アナスタシアブルーは、新馬戦の楽勝から萩ステークスで1番人気に推されたが、新馬戦の勝利にしてもイン有利の馬場で1枠からコースロスのない競馬をしたものであり、着差ほどの高い評価は不要である。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、アナスタシアブルーに高い評価は不要と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ヴィルシーナは、黄菊賞(2011年)においてエンジンの掛かりが遅くて3着に敗れてしまったがゴール前の脚は見所があった。

しかしながら、ヴィルシーナのあのズブさは、200mの距離短縮がプラスに働きそうもない。よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、ヴィルシーナに押さえ程度の評価を与えれば十分と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ジョワドヴィーヴルの新馬戦の勝利は、

スローペースを大外から差し切った上にゴール前で抑える余裕があったものであり、圧倒的な力差を見せつけた。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、ジョワドヴィーヴルに高い評価を与えて当然と見ることもできる。

しかしながら、ジョワドヴィーヴルの新馬勝ちは、時計的にも平凡で弱いメンバー構成に恵まれた可能性も否定できない。

また、ジョワドヴィーヴルは、ブエナビスタの妹でディープインパクト産駒という血統的な背景だけで、実力以上の人気になりそうである。

よって、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)、馬券的な期待値を考慮すると、ジョワドヴィーヴルを押さえ程度にとどめるのも一つの手と第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想は、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)の最終的な予想を決断する。

第63回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想のファンの方は、第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>