14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 阪神JF > レーヴディソールが力の違いを見せつける
2010/12/12
予想屋マスター
回顧録

阪神JF -G1- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牝馬 賞金:6500万円

2010年阪神JF レーヴディソールが力の違いを見せつける

第62回阪神ジュベナイルフィリーズは、 単勝1.6倍で断然の 1番人気のレーヴディソール(福永祐一)の圧勝で幕を閉じた。

第62回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の結果は、デイリー杯2歳ステークスの強い内容から、 レーヴディソールを自信の本命に予想した。

レース結果では、レーヴディソールは、 少し出負けをしたものの、 外を回って徐々にポジションを上げた。

そして、レーヴディソールは、直線に向くと、 大外から鋭い差し脚を披露して、 第62回阪神ジュベナイルフィリーズを制覇して、 2歳女王となった。

レーヴディソールの第62回阪神ジュベナイルフィリーズの勝利は、1000m通過61秒2のスローペースを出遅れながらも大外から差し切ったものであり、着差以上の強さを見せつけた。

よって、来年の牝馬クラシック戦線は、 レーヴディソールが中心になるのは間違いない。

場合によっては、 レーヴディソールがアパパネに続く 2連連続の3冠牝馬となってもおかしくない と第62回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の結果では判断している。

一方、第62回阪神ジュベナイルフィリーズの2着には、 ホエールキャプチャ(池添謙一)が入った。

第62回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の結果は、 出遅れた上に直線で前が塞がる不利を受けながらも 差のない競馬をしたファンタジーステークスのレース結果内容から、 ホエールキャプチャにも高い評価を与えていた。

レース結果では、ホエールキャプチャは、 中団のインで待機し、直線で馬群を割って追い込んだが、 レーヴディソールには届かず、2着止まりであった。

ホエールキャプチャの第62回阪神ジュベナイルフィリーズの2着は、直線で狭くなる不利を克服してのものだが、インで脚をためられる展開に恵まれたのも事実である。

よって、今後のクラシック戦線において、 ホエールキャプチャがレーヴディソールを 逆転するにはかなりの成長が必要である。

ただし、ホエールキャプチャは、 レーヴディソールよりも劣るものの、 2歳牝馬世代ではトップクラスの能力を秘めるのは間違いない とも第62回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の結果では判断している。

一方、8番人気のライステラス(デムーロ)が 4着に入った。

第62回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の結果は、牡馬相手の京王杯2歳ステークスで 小差の4着に好走した上に、 デムーロ騎手騎乗という点を考慮して、 ライステラスも馬券対象として評価していた。

レース結果では、ライステラスは、 先行集団の外目を追走し、直線で一旦は先頭にたったが、 外からレーヴディソール、 内からホエールキャプチャに交わされてしまい、 3着止まりであった。

ライステラスの第62回阪神ジュベナイルフィリーズの3着は、スローペースを外からスムーズに追走させたデムーロ騎手の好騎乗によるものであり、過大評価は禁物である。

よって、今後のクラシック戦線、 現時点のライステラスでは少し能力が足りない と第62回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の結果では判断している。

一方、2番人気のダンスファンタジア(武豊)は 9着と人気を裏切ってしまった。

第62回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の結果は、速いペースでの競馬及び 強いメンバーでの競馬を経験したことがない ダンスファンタジアを押さえ評価にとどめるべき と判断していた。

レース結果では、ダンスファンタジアは、 中団の外目で折り合いを欠いたこともあり、 直線では伸びず、9着に敗れてしまった。

ダンスファンタジアの第62回阪神ジュベナイルフィリーズの9着は、折り合いを欠いたので度外視可能と見ることもできるが、負けすぎの感もある。

よって、今後のクラシック戦線においても、 ダンスインザムードの子で実力以上に人気になる ダンスファンタジアを過大評価すべきでない と第62回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第62回阪神ジュベナイルフィリーズは、 レーヴディソールの強さだけが目立つ一戦となった。

レーヴディソールは、現時点、 2歳牝馬世代で実力的に抜けている。

よって、来年のクラシック戦線においても、 レーヴディソールの走りに大いに注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>