14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 阪神JF > 去年の覇者ウオッカに続くのは、一体どの馬であろうか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
阪神JF -G1- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牝馬 賞金:6500万円

2012年阪神JF 去年の覇者ウオッカに続くのは、一体どの馬であろうか?

今週のメインレースは、2歳チャンピオン決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズである。去年の阪神ジュベナイルフィリーズは、1着がダービー馬ウオッカ、2着がスプリンターズステークス馬アストンマーチャンであることからも、大いに注目しなければならないレースであることが分かっていただけるかと思う。

なお、今年の第59回阪神ジュベナイルフィリーズは、去年のアストンマーチャンのような確たる中心馬不在の大混戦レースとなりそうである。その大混戦の中で人気になるのは、前哨戦のファンタジーステークスを勝利したオディール(安藤勝)である。オディールは、ファンタジーステークスにおいて、逃げ馬から離れた3番手のインを進み、直線で外に持ち出されると、逃げ粘るエイムアットビップ(福永祐一)をきっちりと捕えて勝利を収めた。オディールのファンタジーステークスの勝利は、ゴール前で安藤騎手が手綱を抑える余裕があったので余裕のある勝利と見ることもできる。 一方で、エイムアットビップが折り合いを欠いて逃げる流れを離れた3番手のインで追走するという絶好の展開に恵まれたものであると見ることもできる。 よって、第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想は、オディールのファンタジーステークスの勝利自体には高い評価を与えつつも、この勝利で過剰に人気になるようであれば、オディールを対抗以下の評価に落とすべきと判断している。

ファンタジーステークスで2着に敗れたエイムアットビップも、第59回阪神ジュベナイルフィリーズでは再度人気になりそうである。エイムアットビップは、ファンタジーステークスでは、折り合いを欠いてしまい、4コーナーでは後続を10馬身も離す逃げを打ってしまった。つまり、このような展開にもかかわらず2着を確保した内容自体は高く評価されるべきであり、エイムアットビップは、折り合いさえつけば、オディールを逆転してもおかしくはない。これは、エイムアットビップが、前々走のりんどう賞において、オディールの追い込みを凌ぎきっていることからも分かる。よって、エイムアットビップにとっては、1600mの距離云々よりも、いかに折り合いをつけるかが重要となる。

ファンタジーステークスで3着に敗れたエイシンパンサーも第59回阪神ジュベナイルフィリーズで通用する。前走のファンタジーステークスは、エイムアットビップの大逃げの展開にはなったが、2番手以降だけを見ればスローペースであり、追い込みが届きにくい展開であった。 エイシンパンサーは、その追い込み不利な展開にもかかわらず、大外から3着に追い込んでおり、レース内容的には上位2頭と大きな差はない。 よって、エイシンパンサーがファンタジーステークスの3着であまり人気にならないようであれば、第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想は、馬券の期待値を高めるという観点からも、エイシンパンサーに、オディール及びエイムアットビップよりも高い評価を与える予定である。

新潟2歳ステークスで4着のエイシンパンサーが通用するのであれば、新潟2歳ステークスの覇者のエフティマイア(蛯名)及び2着馬のシュランジュ(四位)も、第59回阪神ジュベナイルフィリーズで通用するハズである。 今年の新潟2歳ステークスは、出走した多くの馬が後に活躍しており、今年の2歳限定重賞の中で最もレベルの高い一戦であったといっても過言ではない。そのレベルの高い新潟2歳ステークスを制したエフティマイアが第59回阪神ジュベナイルフィリーズで通用しないわけがない。エフティマイアの唯一の不安は、前走の京王杯2歳ステークスでの惨敗であるが、休み明けで道悪であったことを考慮すると、度外視できる。よって、第59回阪神ジュベナイルフィリーズが良馬場で行われるようであれば、エフティマイアに大いに注目すべきと第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

アロマキャンドル(藤田信二)が、第59回阪神ジュベナイルフィリーズでは穴人気になりそうである。アロマキャンドルは、東京で行われたオープン特別のいちょうステークスを制しており、実績的には上位といえる。しかしながら、アロマキャンドルのいちょうステークスの勝利は、1000m通過62秒弱の超スローペースを離れた2番手から追走して抜け出すという絶好の展開に恵まれたものであり、内容的な価値は低い。 よって、第59回阪神ジュベナイルフィリーズにおいて、アロマキャンドルにはあまり高い評価を与えるべきではないと第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

2連勝中のラルケット(パスキエ)も注目される。ただし、前走のサフラン賞は、牝馬限定戦ということもあり、かなり弱いメンバーであったことは否めず、ラルケットを過大評価することは禁物である。しかしながら、2連勝中と底を見せていない点とパスキエ騎手が騎乗する点を考慮すれば、ラルケットを無視することもできない。 よって、第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想は、ラルケットに連下候補程度の評価を与える予定である。

第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想は、穴馬候補として、カレイジャスミン(北村)及びトールポピーに注目している。カレイジャスミンは、レベル高い札幌2歳ステークスでも先行して4着に粘り込んでおり、前走の赤松賞の勝利は当然とも言える。よって、カレイジャスミンは、展開次第で第59回阪神ジュベナイルフィリーズでも通用すると第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、トールポピーは、牡馬の強いメンバーが揃った黄菊賞で2着に追い込んでおり、牝馬限定のG1の第59回阪神ジュベナイルフィリーズでも通用する素質を秘める。 また、トールポピーは、フサイチホウオーの妹という血統的な背景も魅力である。 よって、第59回阪神ジュベナイルフィリーズに出走できるようであれば、トールポピーに高い評価を与えるべきと第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想は、第59回阪神ジュベナイルフィリーズに出走する有力各馬の能力を分析した。この結果、第59回阪神ジュベナイルフィリーズが大混戦であることが分かっていただけたと思う。第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想は、この分析結果に、体調、枠順及び展開など様々な要素を加味して、第59回阪神ジュベナイルフィリーズの予想を決断しようと考えている。第59回阪神ジュベナイルフィリーズの競馬理論の競馬予想のファンの方は、第59回阪神ジュベナイルフィリーズの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>