14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 阪神JF > メジャーエンブレムが2歳女王に
2015/12/17
予想屋マスター
回顧録

阪神JF -G1- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系2歳牝馬 賞金:6500万円

2015年阪神JF メジャーエンブレムが2歳女王に


第67回阪神ジュベナイルフィリーズは1番人気に推されたメジャーエンブレム(ルメール)が勝利し、2歳女王となった。

競馬理論の競馬予想では、折り合いを欠いて2着に粘ったアルテミスステークスのレース内容と内枠を引いたことから好位のインを追走できる展開面を考慮し、メジャーエンブレムを本命に予想した。

レースでは、メジャーエンブレムは抜群のスタートを切ったが、キリシマオジョウ(小牧太)を行かせて3番手のインを進んだ。 そしてメジャーエンブレムは4コーナーで内から早めに先頭に立つと、後続を寄せ付けず、第67回阪神ジュベナイルフィリーズを制覇した。

メジャーエンブレムの第67回阪神ジュベナイルフィリーズの勝利という結果は、後続を寄せ付けなかったが、楽に先行する展開に恵まれたものでもある。

よって2016年のクラシック戦線の競馬予想においては、メジャーエンブレムに高い評価を与えて当然だが、着差ほど絶対的な能力差があるわけではないことも確かである。

一方、第67回阪神ジュベナイルフィリーズでは10番人気のウインファビラス(松岡正海)が2着に入った。
ウインファビラスは中団を追走し、3コーナー過ぎから徐々に外を回りながらしぶとく脚を伸ばし、2着を確保した。

ウインファビラスの第67回阪神ジュベナイルフィリーズの2着という結果は、メジャーエンブレムにこそ力負けであったが、終始外目を回っての連対確保で相手なりに走るしぶとさを見せた。

よって2016年のクラシック戦線の競馬予想においては、メンバーや展開次第でウインファビラスがそれなりに走ってもおかしくないと判断すべきである。

第67回阪神ジュベナイルフィリーズで3番人気に推されたブランボヌール(岩田康誠)は3着止まりであった。
ブランボヌールは中団を追走し、直線で外に持ち出されるといい脚を使ったが、3着争いを制するのが精一杯であった。

ブランボヌールの第67回阪神ジュベナイルフィリーズの3着という結果は、力負けではあるが、3コーナーでゴチャつく不利を受けてのものであり、もう少し走れそうなことも確かである。

よって2016年のクラシック戦線の競馬予想においては、函館2歳ステークスの強さからも短距離戦ならブランボヌールにそれなりの高い評価を与えるべきである。

以上のように、第67回阪神ジュベナイルフィリーズではメジャーエンブレムの楽勝で幕を閉じた。
競馬理論のファンの方は、メジャーエンブレムの2016年クラシック戦線の走りにも期待して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>