14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 阪神大賞典 > 第55回阪神大章典

2012年阪神大賞典「第55回阪神大章典」

2012/06/29 UP
by 予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
阪神大賞典 -G2- 阪神競馬場/芝3000m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

今週は、阪神競馬場で第55回阪神大章典が行われる。阪神大章典は、例年、春の天皇賞に最も直結する重要なレースである。更に、阪神大章典でディープインパクトが抜けた古馬のG1戦線を占う意味でも、今年の第55回阪神大章典は、非常に重要な一戦となる。

その第55回阪神大章典では、ドリームパスポート(安藤勝)が断然人気になりそうである。阪神大章典でドリームパスポートは、G1で3度も2着しており、実績的に断然ともいえる。阪神大章典はドリームパスポートのG1での好走も、展開に恵まれたことによるものではなく、むしろ不利な展開の中で2着を確保していた。よって、阪神大章典はディープインパクトが抜けた今年のG1戦線では、ドリームパスポートが中心となっていく可能性が高い。阪神大章典はドリームパスポートは、春の天皇賞で念願のG1制覇を果たすためにも、阪神大章典で負ける訳にはいかない。競馬理論は、断然人気を考慮しても、ドリームパスポートを本命にする予定である。

阪神大章典ではドリームパスポートの2着争いだが、アイポッパー(武豊)、デルタブルース(岩田)及びトウカイトリック(池添)の三頭に絞られそうである。

阪神大章典ではアイホッパーは、去年の暮れのステイヤーズステークス以来となるが、長距離戦ならば安定して走るので、休み明けでも問題はなさそうである。更に、アイホッパーにとっては、長距離戦での名手武豊騎手騎乗というのも非常に心強い。

一方、阪神大章典ではデルタブルースは、菊花賞馬であり、3000mの距離は絶好の舞台といえる。デルタブルースは、去年の国内のレースでは、好走こそできなかったものの、オーストラリアのG1のメルボルンカップでは有馬記念2着のポップロックを破っており、能力は衰えてはいないハズである。よって、阪神大章典ではデルタブルースは、ドリームパスポート以外の馬とならば差のない競馬をするであろう。

阪神大章典ではトウカイトリックは、去年の第54回阪神大章典でディープインパクトの2着に好走しており、展開次第で今年の阪神大章典でも差はない。また、阪神大章典ではトウカイトリックは、近走で差す競馬をマスターしており、安定感が増している。つまり、安定度が増した今の充実したトウカイトリックならば、57キロの斥量を生かして、アイポッパーを逆転して2着を確保してもおかしくはない。

なお阪神大章典は、これら以外の馬は、近況を見る限り、馬券になる可能性はかなり低い。よって、第55回阪神大章典は、ここで紹介した4頭で結果する可能性が高い。つまり、競馬理論は、第55回阪神大章典を馬券的には魅力の少ないレースと判断している。そのため、競馬理論は、競馬理論のファンの方に、第55回阪神大章典の馬券の購入をお勧めしない。しかしながら、競馬理論のファンの方は、今後の古馬G1戦線の中心になるであろうドリームパスポートの第55回阪神大章典でのレース内容には注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください