14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 阪神カップ > 第2回阪神カップ

2007年阪神カップ「第2回阪神カップ」

2007/12/16 UP
by 予想屋マスター
回顧録

阪神カップ -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:6500万円

第2回阪神カップは、スズカフェニックス(武豊)が力の違いを見せつけて快勝した結果となった。競馬理論は、結果として阪神カップのスズカフェニックスの能力にはレース前から高い評価を与えていたが、先行馬不在によるスローペースの展開を危惧して、スズカフェニックスの評価を落としてしまった。

レースでは、スズカフェニックスは、平均より少し遅い流れを、中段よりやや後方となる11番手の外からレースを進めた。そして、スズカフェニックスは、直線に向くと大外に持ち出され、上がり34秒1の切れ味を発揮して快勝した結果となった。

スズカフェニックスの阪神カップの勝利は、スローペースの展開を大外を回って差し切ったものであり、着差以上の強さを見せつけた結果となった。

よって、スズカフェニックスが来年こそ悲願のマイルG1制覇を果たす可能性は高いと競馬理論では判断している。ただし、スズカフェニックスは、後方から競馬を進める人気馬なので、イン有利な馬場や先行馬不在のメンバー構成の場合には過信は禁物である。

阪神カップの2着には、結果として競馬理論の穴馬ジョリーダンス(秋山)が飛び込んだ。競馬理論は、特集記事でも述べたように、ジョリーダンスの安田記念の内容が抜群だったことから、ジョリーダンスを穴馬として取り上げた結果となった。

レース結果をみると、ジョリーダンスはスズカフェニックスよりも少し前となる8~9番手の馬群の中を進み、直線では馬群を割って2着に追い込んだ。ジョリーダンスの阪神カップの2着は、展開に恵まれたものでもなく、安田記念3着の実力馬が復調なったと判断していいだろう。

ただし、阪神カップの2着と安田記念3着の内容とを比較すると、ジョリーダンスが完全復調なったと判断するにはまだ物足りない内容であるとレース結果が証明している。

よって、ジョリーダンスが、阪神カップ以降で完全復調して更に上昇すれば、スズカフェニックスと互角の競馬をすることも可能であろう。阪神カップの結果を踏まえ、徐々に復調気配が窺えるジョリーダンスに、阪神カップ以降のレースにおいても高い評価を与える予定である。

阪神カップの3着には、2連勝中の上がり馬ブルーメンブラッド(ルメール)が追い込んだ結果となった。ブルーメンブラッドは、後方集団の外からレースを進め、直線を向いても抜群の手応えであったが、直線で前が開かずに仕掛けが遅れてしまい、阪神カップでは3着に敗れてしまった。

競馬にタラレバは禁物だが、直線での不利がなければ、阪神カップでブルーメンブラッドが、スズカフェニックスに迫る競馬をしていた可能性が高い。

つまり、ブルーメンブラッドの第2回阪神カップの3着は、名手ルメール騎手の腕を加味しても、内容的には勝ったスズカフェニックスと互角又はそれ以上である。

よって、夏を越えて大きく成長したブルーメンブラッドに対し、今後の重賞戦線で高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。以上のように、第2回阪神カップでは、上位三頭(スズカフェニックス、ジョリーダンス及びブルーメンブラッド)のいずれもが非常に価値のある内容で阪神カップを好走した。

よって、この三頭が来年のマイル及びスプリント戦線で主役候補となる可能性は高い。競馬理論のファンの方も、第2回阪神カップの上位三頭に、今後のレースでも大いに注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください