14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 函館SS > カイザーメランジュが逃げ切る

2019年函館SS「カイザーメランジュが逃げ切る」

2019/06/20 UP
by 予想屋マスター
回顧録

函館SS -G3- 函館競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3800万円

函館スプリントステークス(2019年)は、薬物混入事件による大量の除外により、7頭立てとなってしまったが、断然の1番人気に推されたタワーオブロンドン(レーン)が3着に敗れ、中波乱の決着となった。

 

1着:カイザーメランジュ

その函館スプリントステークス(2019年)を制したのは、5番人気のカイザーメランジュ(江田照男)であった。

 

カイザーメランジュは、除外によって先行馬が不在となったメンバー構成の中で、先手を取った。 そして、カイザーメランジュは、直線に向くと後続を突き放し、函館スプリントステークス(2019年)を制覇した。


カイザーメランジュの函館スプリントステークス(2019年)の勝利という結果は、テンの3ハロン34秒4の超スローペースを楽に逃げる展開に恵まれたものであり、着差ほど圧倒的な能力差があったわけではない。

 

よって、今後のスプリント戦線の競馬予想においては、函館スプリントステークス馬というだけでカイザーメランジュを過大評価をするのは禁物である。

 

2着:アスターペガサス

 

一方、函館スプリントステークス(2019年)では、2番人気のアスターペガサス(小崎)が2着に入った。

 

アスターペガサスは、逃げるカイザーメランジュの2番手でピッタリと折り合いをつけた。 そして、アスターペガサスは、直線でアスターペガサスに突き放されてしまったものの、タワーオブロンドンの追い上げを凌ぎきり、2着を確保した。

 

アスターペガサスの函館スプリントステークス(2019年)の2着という結果は、初の古馬相手と考えれば立派だが、52キロの斤量で楽に2番手を追走していたことを考えると、レース内容としては価値がない。

 

よって、今後のスプリント戦線の予想では、函館スプリントステークス(2019年)の2着だけで、アスターペガサスが古馬相手でも通用すると判断するのは早計である。

 

3着:タワーオブロンドン

 

一方、函館スプリントステークス(2019年)で単勝1.8倍と断然人気に推されたタワーオブロンドン(レーン)は3着に敗れてしまった。

 

タワーオブロンドンは、中団の外目を追走し、直線でも外から上がりナンバーワンの脚を使ったが、3着止まりであった。

 

タワーオブロンドンの函館スプリントステークス(2019年)の3着という結果は、開幕週の前が止まらない馬場とスローペースで脚を余してしまっただけであり、力負けではない。

 

よって、今後のスプリント戦線の競馬予想では、タワーオブロンドンの巻き返しに注意を払って当然である。

 

以上のように、函館スプリントステークス(2019年)は、断然人気のタワーオブロンドンが3着に敗れ波乱の決着となった。

 

ただし、函館スプリントステークス(2019年)は、大量の除外によるスローペースと前が止まらない馬場が結果に大きな影響を与えたものである。

 

競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降における函館スプリントステークス(2019年)組に評価を下して頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください