14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 函館SS > ワンカラットがレコードで圧勝
2010/07/04
予想屋マスター
回顧録

函館SS -G3- 函館競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3800万円

2010年函館SS ワンカラットがレコードで圧勝

第17回函館スプリントステークスは、スプリント戦線に照準を絞ってきたワンカラットの圧勝で幕を閉じた。

競馬理論は、現在の低調なスプリント戦線よりもレベルの高い1400m~1500mの重賞を使われてきたワンカラットを 結果として第17回函館スプリントステークスにおける自信の本命に予想した。第17回函館スプリントステークスでは、ワンカラットは、内枠を生かして、好位のインを抜群の手応えで追走した。そして、ワンカラットは、直線で前が開くと、あっという間に先頭に立って、 第17回函館スプリントステークスを制覇する結果となった。

ワンカラットの第17回函館スプリントステークスの勝利という結果は、2着のビービーガルダンに2馬身もの差をつけてのものであり、力の違いを見せつけた。

よって、今後の第17回函館スプリントステークスなどのスプリント戦線においても、ワンカラットには常に高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、1番人気のビービーガルダンは2着に敗れる結果となった。ビービーガルダンは、好位の外目を追走して、直線でもジリジリと伸びたが、 結果的には2着を確保するのが精一杯であった。

ビービーガルダンの第17回函館スプリントステークスの2着という結果は、終始外を回らされる展開及び59キロの斤量を克服してのものであり、ワンカラットとは着差ほどの能力差はない。

よって、今後の第17回函館スプリントステークスなどのスプリント戦線においても、ビービーガルダンには引き続き注目すべきと競馬理論では判断している。

一方、第17回函館スプリントステークスの3着には、 アポロフェニックス(勝浦)が入る結果となった。第17回函館スプリントステークスにおいて、アポロフェニックスは、ワンカラットと並ぶような位置で競馬を進めたが、4コーナーで前が塞がって、仕掛けが遅れてしまい、3着止まりであった。

アポロフェニックスの第17回函館スプリントステークスの3着という結果は、4コーナーで上手く馬群を捌けていれば、2着もあった内容であった。

よって、今後の第17回函館スプリントステークスなどのスプリント戦線においては、メンバー次第となるものの、アポロフェニックスにもそれなりの評価が必要と競馬理論では判断している。一方、3歳馬のキョウエイアシュラ(吉田隼人)が4着に入る結果となった。キョウエイアシュラの 第17回函館スプリントステークスの4着という結果は、 終始外を回らされてのものであり、3歳馬ということを考慮すると立派である。

なお、今年の3歳世代は、ダッシャーゴーゴーがCBC賞でも2着に追い込んでいるように、短距離戦線では古馬と互角以上の走りをしている。
よって、今後の短距離戦線、3歳世代に要注意と競馬理論では判断している。

以上のように、第17回函館スプリントステークスは、 ワンカラットの圧勝という結果で幕を閉じた。ワンカラットは、第17回函館スプリントステークスの走りを見る限り、スプリント戦線で主役級になる可能性まである。よって、競馬理論のファンの方は、今後もワンカラットの走りに大いに注目していただきたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>