15年連続プラス収支全国出張セミナー継続開催中
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜21時に先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > 函館2歳S > 函館2歳ステークス2018の回顧|アスターペガサスが函館の2歳チャンピオンに

【 函館2歳S2018予想】函館2歳ステークス2018の回顧|アスターペガサスが函館の2歳チャンピオンに

2018/07/26
2018/07/24
出走日:2018年07月29日(日)
函館2歳S(G3)/函館競馬場/芝1200m/右/条件:サラブレッド系2歳/賞金:3000万円

函館2歳ステークス(2018年)は、2歳世代初の重賞であったが、2番人気のアスターペガサス(小崎)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、デビュー戦で余裕があった着差以上に強い内容から、アスターペガサスにもかなり高い評価を与えていた、

 

アスターペガサス

レースでは、アスターペガサスは、出負けしてしまったこともあり後方からの競馬となった。
そして、アスターペガサスは、道中で徐々に前との差を詰めて、中団馬群の中で直線に向いて前が開くと、一気の差し脚でラブミーファイン(丸山元気)を捕らえ、函館2歳ステークス(2018年)を制覇した。
アスターペガサスの函館2歳ステークス(2018年)の勝利という結果は、好位から抜け出したデビュー戦とは全く違う、出遅れからの差し切りであり、どんな競馬でもできることを示した。
よって、今後の2歳重賞戦線戦においても、自在性があるアスターペガサスに高い評価を与えて当然である。

 

ラブミーファイン

一方、函館2歳ステークス(2018年)では、7番人気のラブミーファイン(丸山元気)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、短距離の新馬戦よりも中長距離の新馬戦の方が高レベルであることを考慮して、一気の距離短縮で人気の盲点になっていたラブミーファインを本命に予想した。
レースでは、ラブミーファインは、抑えきれないほどの行きっぷりで3番手を追走した。
そして、ラブミーファインは、直線に向くと楽に先頭にたってそのまま押し切るかのようにも見えたが、ゴール寸前でアスターペガサスに差し込まれてしまい、2着止まりであった。
ラブミーファインの函館2歳ステークス(2018年)の2着という結果は、ハイペースの中で先行勢を自ら潰しに行ってゴール寸前まで残る負けて強しの内容であった。
よって、今後の2歳重賞戦線の競馬予想においては、展開や条件次第でラブミーファインがアスターペガサスを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

 

カルリーノ

一方、函館2歳ステークス(2018年)では、3番人気のカルリーノ(藤岡佑介)が3着に入った。
カルリーノは、好位の馬群の中を追走し、直線で外に持ち出されたが、そこからは先に抜け出したラブミーファインと同じ脚色になってしまい、3着に敗れてしまった。
カルリーノの函館2歳ステークス(2018年)の3着という結果は、スムーズに馬群を捌いてのものであり、上位2頭には現時点で力負けであった。
よって、今後の2歳重賞戦線においてカルリーノが好走するためには更なる成長が必要と判断すべきである。

 

以上のように、函館2歳ステークス(2018年)は、アスターペガサスの勝利で幕を閉じた。
アスターペガサスは、出遅れを克服してのものであり、自在性をアピールした上に能力的にも底を見せていない。
競馬理論のファンの方は、アスターペガサスの今後の走りに大いに注目して頂きたい。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜21時に先着順募集中