14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 函館記念 > エリモハリアーが前人未到の4連覇なるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
函館記念 -G3- 函館競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4000万円

2012年函館記念 エリモハリアーが前人未到の4連覇なるか?

今週のメインレースは、サマー2000シリーズの第44回函館記念である。
第44回函館記念では、同一重賞4連覇の偉業へ、8歳馬のエリモハリアー(武幸四郎)が挑戦する。

エリモハリアーは、函館記念を3連覇しているように、函館2000mは最も得意な舞台であり、今年の第44回函館記念においても要注意である。
なお、エリモハリアーは、休み明けで挑んだ金鯱賞において見せ場すらない16着に敗れた点が気掛かりだが、去年も休み明けの巴賞でシンガリ負けを喫した後に函館記念を制しており、典型的な叩き良化タイプといえる。
よって、例年よりもメンバーが弱い今年の第44回函館記念においても、函館記念を目標にしたローテーションで臨むエリモハリアーが好走する可能性は高い。
しかしながら、8歳馬で57.5キロのトップハンデを背負うにもかかわらず、エリモハリアーが過剰に人気になるようであれば、馬券の期待値を高めるために、押さえ程度の評価にとどめるべきと競馬理論では判断している。

一方、第44回函館記念の前哨戦の巴賞からは、1着のマヤノライジン(藤田)、3着のピサノパテック(ホワイト)、4着のトーセンキャプテン、6着のマンハッタンスカイ(四位)、7着のコーナーストーン及び7着同着のトウショウシロッコ(木幡)が第44回函館記念に出走する。
巴賞を制したマヤノライジンから7着に敗れたコーナーストーンまでの差は、僅か0秒3差であり、着順ほど大きな差はない。
よって、ハンデ戦で差が詰まることが予想される第44回函館記念において、展開次第では巴賞組の着順が大きく入れ替わりそうである。
例えば、トーセンキャプテンの巴賞の4着は、3コーナー過ぎから大外を回らされたにもかかわらず上がりナンバーワンの脚を使ってのものであり、結果的には脚を余してのものである。
よって、第44回函館記念が前潰れの展開になれば、トーセンキャプテンが好走する可能性が高まる。
しかしながら、第44回函館記念の出走メンバーを見渡すと、メイショウレガーロを除き、目立った先行馬が不在である。
そのため、第44回函館記念において、巴賞で6着に敗れてしまったマンハッタンスカイが楽に逃げられるようであれば、新潟大章典及び金鯱賞の好走を再現して逃げ粘る可能性が高まる。
一方で、巴賞で好走したマヤノライジン及びピサノパテックにも、第44回函館記念において当然ながら注意が必要である。
このように、第44回函館記念における巴賞組の比較は非常に難しいので、枠順が決定してから再検討する。

一方、別路線組では、タスカータソルテ(横山典)、ブレーブハート(中谷)、ミストラルクルーズ(三浦)及びメイショウレガーロ(小林徹)が第44回函館記念で注目される。
タスカータソルテは、京都新聞杯及び中京記念の重賞2勝馬であり、このメンバーならば57キロの斤量でも人気になるのは当然と言える。
しかしながら、今年の4歳牡馬世代はかなり低レベルなので、タスカータソルテが過剰に人気になるようであれば疑ってかかる必要がある。
そこで、タスカータソルテの中京記念のレース内容を振り返ると、56キロのハンデを克服した点は立派だが、中段のインを追走させ直線でも最内を突くコースロスのない競馬をさせた中館騎手の好騎乗による勝利と見ることもできる。
よって、第44回函館記念において、タスカータソルテの実績には高い評価を与えつつも、過信は禁物と競馬理論では判断している。

一方、ブレーブハートは、前走の阿武隈ステークスで弥生賞2着馬のココナッツパンチを破っており、単純なメンバー比較では第44回函館記念でも通用しそうである。
しかしながら、ブレーブハートの阿武隈ステークスの勝利は、超ハイペースの展開を最後方から追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は高くない。
その上、スローペースが濃厚な第44回函館記念、ブレーブハートは脚を余す可能性が高い。
よって、第44回函館記念において、ブレーブハートには抑え程度の評価を与えれば十分と競馬理論では判断している。

一方、ミストラルクルーズは、サマー2000シリーズ第1戦の七夕賞において、5ヶ月ぶりの休み明けにもかかわらず、2着に好走した。
よって、先行馬が少ない第44回函館記念においても、ミストラルクルーズが先行集団のインを追走するようであれば、好走可能と競馬理論では判断している。
ただし、七夕賞の勝ち馬は準オープンを惨敗したミヤビランベリであったことを考えると、ミストラルクルーズの七夕賞の2着はメンバーに恵まれた可能性もあることを考慮して最終的な評価をすべきである。

一方で、メイショウレガーロは、1000万下を勝ち上がったばかりの身であるが、皐月賞5着及び中山金杯3着の好走歴があうように、実績的には見劣りしない。
更に、先行馬が少ない第44回函館記念、メイショウレガーロが楽に逃げを打てそうなので、展開面を重視して高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第44回函館記念に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開及び調教などの様々な要素を加味して、第44回函館記念の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第44回函館記念の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>