14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > フローラステークス > チェッキーノが圧勝でオークスへ

2016年フローラステークス「チェッキーノが圧勝でオークスへ」

2016/04/28 UP
by 予想屋マスター
回顧録

フローラステークス - G2- 東京競馬場/芝2000m 左
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円


第51回フローラステークスは、3番人気のチェッキーノ(ルメール)の圧勝劇で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、開幕週の馬場で且つ府中の2000mの大外枠ながらも、アネモネステークスの着差以上に強い内容を考慮し、チェッキーノにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、チェッキーノは、中団の外目を追走し、直線でも外から一気に突き抜け、第51回フローラステークスを制覇した。
チェッキーノの第51回フローラステークスの勝利という結果は、不利な大外枠を克服し、更には3馬身もの差をつけており、能力の違いをみせつけた。
よって、本番のオークスの競馬予想においても、桜花賞組との比較は難しいものの、チェッキーノに高い評価を与えて当然である。

一方、第51回フローラステークスでは、2番人気のパールコード(川田将雅)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、唯一の敗戦のつばき賞の上位2頭が皐月賞組であることから、牝馬限定の重賞ならば力が上と判断し、パールコードを本命に予想した。
レースでは、パールコードは、好位の馬群の中を追走し、直線でもジリジリと伸びたが、チェッキーノには外からあっという間に交わされてしまい、2着を確保するのが精一杯であった。
パールコードの第51回フローラステークスの2着という結果は、能力は見せたものの、チェッキーノには力負けであった。
よって、本番のオークスの競馬予想においては、パールコードに高い評価は不要である。

一方、第51回フローラステークスでは13番人気のアウェイク(吉田豊)が3着に入り、波乱を演出した。
アウェイクは、中団のインを追走し、直線では外に膨れながらも脚を伸ばし、3着争いを制した。
アウェイクの第51回フローラステークスの3着という結果は、外にモタれた割にはよく走っているが、道中ロスのない展開に恵まれたものでもある。
よって、オークスの競馬予想においては、アウェイクにも高い評価は不要である。

以上のように、第51回フローラステークスは、チェッキーノの強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、チェッキーノの今後の走りに大いに期待して頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください