14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > フローラステークス > 第40回フローラステークス
2005/04/24
予想屋マスター
回顧録

フローラステークス - G2- 東京競馬場/芝2000m 左
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円

2005年フローラステークス 第40回フローラステークス

サンスポ賞フローラステークスは、ディアデラノビア(武豊)の東京コースらしい追い込みで結果が出た。第40回フローラステークスのディアデラノビアは、期待されていたここ2走で、期待を裏切った。ディアデラノビアの前々走のチューリップ賞は、結果不利があったので度外視できる。前走のフィリーズレビューは、結果4着だっがが、勝ったラインクラフト(福永祐一)とは半馬身程度の着差であり、悲観する内容でなかった。また、フィリーズレビューは、レベルの高い一戦であった。1着のラインクラフトは桜花賞馬であり、2着のデアリングハート(武幸四郎)は桜花賞3着であり、エアメサイア(武豊)は桜花賞4着であったことからも分かる。このメンバーと互角の戦いをしたディアデラノビアは、今回のフローラステークスのメンバーでは負けられない。

第40回フローラステークスのディアデラノビアは、外が極端に不利な東京の2000mで大外枠ということだけが問題であった。しかし、ディアデラノビアは、スタートして最後方に控え、結果大外から一気に差しきった。第40回フローラステークスのディアデラノビアは、2着のレースパイロット(蛯名正義)とクビ差であったが、着差以上の能力差を見せた。第40回フローラステークスのディアデラノビアは、このような競馬が出来れば、本番のオークスでも上位を賑わす存在となりそうである。2着は、レースパイロットであった。

レースパイロットは、結果キングカメハメハの妹という血統から、いつも一番人気に押される。レースパイロットは、2着でオークスへの出走権を確保した。しかし、フローラステークスの内容を振り返ると、第40回フローラステークスのレースパイロットは、オークスでは能力的に厳しいと言わざるを得ない。

第40回フローラステークスのレースパイロットは、結果スタートを決めて、4コーナまで3番手のインでレースを進めた。開幕週の馬場及びスローの展開を考えると、レースパイロットが展開に最も恵まれた。

つまり、レースパイロットは、この展開を考えると、結果楽勝しなければならないレースである。しかし、レースパイロットは、結果2番手追走のアスピリングスノー(小野次郎)を何とか交しただけであり、4着ピサノグラフ(デザーモ)及び5着パーフェクトマッチにも結果迫られた。

このことから、レースパイロットは、結果オークスで人気になっても、一切買う必要がないと第40回フローラステークスの競馬理論の結果では判断した。3着は、アスピリンスノーであった。アスピリンスノーは、結果積極的に2番手を追走し、ゴール前まであわやという内容で、3着に粘った。

これは、1000m通過が、51.4秒というスローな展開に恵まれたものであった。アスピリンスノーは、本番のオークスでは、更に強い馬がいるので、先行したとしても、ここまで粘るのは厳しいと第40回フローラステークスの競馬理論の結果では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>