14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > フィリーズR > クイーンズリングが無傷の3連勝で桜花賞へ挑戦
2015/03/19
予想屋マスター
回顧録

フィリーズR -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円

2015年フィリーズR クイーンズリングが無傷の3連勝で桜花賞へ挑戦

第49回フィリーズレビューは、1番人気に推されたクイーンズリング(デムーロ)の勝利で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、着差以上に強い2連勝の内容から高い評価を与えていたが、急激なメンバー強化を考慮し、クイーンズリングを本命にはできなかった。

レースでは、クイーンズリングは、スタートで出遅れてしまったが、中団よりやや後方の馬群の中で脚をためた。

そして、クイーンズリングは、直線で大外に持ち出されると、一頭だけ次元の違う脚で突き抜け、第49回フィリーズレビューを制覇した。

クイーンズリングの第49回フィリーズレビューの勝利という結果は、ロスのない競馬をした馬の多くが好走する中で大外から差し切る着差以上に強い内容であった。

よって、本番の桜花賞の競馬予想においても、20キロ減った馬体を維持さえできれば、クイーンズリングに高い評価を与えて当然である。

一方、第49回フィリーズレビューでは7番人気のベルフィカ(菱田裕二)が2着に入った。

競馬理論の競馬予想では、スローペースを差し切った着差以上に強い内容から、ベルフィカにもそれなりに高い評価を与えていた。

レースでは、ベルフィカは、外枠からの発走ながらもうまくインに潜り込み、直線でも再内を突いて追い込み、2着に浮上した。

ベルフィカの第49回フィリーズレビューの2着という結果は、

思い切ってコースロスのない競馬をさせた菱田裕二騎手の好騎乗によるものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。

よって、本番の桜花賞の競馬予想においては、ベルフィカがクイーンズリングを逆転する可能性は低いと判断すべきである。

一方、第49回フィリーズレビューで2番人気に推されたムーンエクスプレス(松山弘平)は3着止まりであった。

ムーンエクスプレスは、ウィッシュハピネスを行かせて、2番手集団の外目からレースを進めた。

そして、ムーンエクスプレスは、直線に向くと一旦は先頭に立ったが、内と外から差されてしまい、3着に敗れてしまった。

ムーンエクスプレスの第49回フィリーズレビューの3着という結果は、早めに先頭に立って目標になってしまったものではあるが、クイーンズリングには力負けであった。

よって、本番の桜花賞の競馬予想では、ムーンエクスプレスに先行馬有利の展開になったときの押さえ候補程度の評価を与えれば十分である。

以上のように、第49回フィリーズレビューは、クイーンズリングの強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、クイーンズリングの2015年牝馬クラシック戦線での走りをお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>