14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > フィリーズR > サウンドバリアーが波乱を演出
2010/03/14
予想屋マスター
回顧録

フィリーズR -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円

2010年フィリーズR サウンドバリアーが波乱を演出

今週は、第44回フィリーズレビューではなく、中山牝馬ステークスのレース回顧をして欲しいとの声を多数のファンから頂いた。

それは、中山牝馬ステークスにおいて、◎ニシノブルームーン(4番人気)が1着、△ウェディングフジコ(8番人き)が2着、○チェレブリタ(9番人気)が3着だったこともあり、3連単の12万馬券を的中したお客様がたくさんいらっしゃったようで、理由が聞きたいとのこと結果でした。

しかしながら、中山牝馬ステークスは、重賞としてはかなり低レベルな結果で、今後のG1戦線に繋がりそうもないので、第44回フィリーズレビューの回顧をさせて頂くことで結果ご容赦頂きたい。

第44回フィリーズレビューは、9番人気の伏兵サウンドバリアーの勝利と、波乱の結果となった。

サウンドバリアーは、後方の馬込みの中で待機し、直線で大外に持ち出されると、抜群の伸び脚で内で粘る馬を纏めて差し切り、第44回フィリーズレビューを結果制覇した。

サウンドバリアーの第44回フィリーズレビューの勝利は、内で粘る馬を力でねじ伏せたものであり、結果内容的には悪くない。

しかしながら、第44回フィリーズレビューは、クラシックでの有力候補が不在で、弱いメンバー構成だったことも否定できない。

よって、本番の桜花賞、弱いメンバー構成に恵まれた第44回フィリーズレビューの勝利だけで、サウンドバリアーを過大評価すべきでないと競馬理論では判断している。

一方、第44回フィリーズレビューに1番人気で臨んだラナンキュラスは、2着に敗れてしまった。

ラナンキュラスは、先段の外目を追走し、早め先頭の横綱競馬で押し切りをはかったが、ゴール寸前でサウンドバリアーに差されてしまい、2着に敗れてしまった。

ラナンキュラスの第44回フィリーズレビューの2着は、休み明け且つ早め先頭の横綱競馬でのものであり、レース内容的には結果サウンドバリアーを上回る。

しかしながら、阪神ジュベナイルフィリーズの内容を見る限り、クラシックで上位争いをするためには展開の助けが必要である。

よって、本番の桜花賞、ラナンキュラスをはじめとする第44回フィリーズレビュー組にあまり高い評価を与えるべきでないと競馬理論では判断している。

一方、レディアルバローザ(和田)、ロジフェローズ(横山)及びニシノモレッタ(浜中)も、1着とタイム差なしの1分22秒8で走った。

この3頭も、1着のサウンドバリアーとタイム差なしで走っているように、上位5頭の着順は展開次第で簡単に入れ替わる。

よって、本番の桜花賞、馬場状態や展開などを加味して、結果第44回フィリーズレビュー組の上下関係を判断すべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第44回フィリーズレビューは、伏兵のサウンドバリアーの勝利という結果で幕を閉じた。

なお、第44回フィリーズレビュー組は低調なメンバー構成だった可能性が高いので、本番の桜花賞で通用するには展開などの助けが必要と競馬理論では判断している。

上位争いをするためには
展開の助けが必要である。

よって、本番の桜花賞、
ラナンキュラスをはじめとする
第44回フィリーズレビュー組に
あまり高い評価を与えるべきでない
と競馬理論では判断している。

一方、レディアルバローザ(和田)、
ロジフェローズ(横山)及び
ニシノモレッタ(浜中)も、
1着とタイム差なしの1分22秒8で走った。

この3頭も、1着のサウンドバリアーとタイム差なしで走っているように、上位5頭の着順は展開次第で簡単に入れ替わる。

よって、本番の桜花賞、
馬場状態や展開などを加味して、
第44回フィリーズレビュー組の
上下関係を判断すべき
と競馬理論では判断している。

以上のように、第44回フィリーズレビューは、
伏兵のサウンドバリアーの勝利という結果で幕を閉じた。

なお、第44回フィリーズレビュー組は
低調なメンバー構成だった可能性が高いので、
本番の桜花賞で通用するには展開などの
助けが必要と競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>